残念なことですが、どんな職場であれ

「いじめ」が発生することはあり得るものです。

 

キャバクラも決して例外ではなく、

中にはあまりに苛烈ないじめを受けたせいで

心に傷を負ってしまったキャバクラ嬢もいます。

 

わざわざいじめられたいと思う人はいないでしょうし

誰しもが、いじめを回避したいと考えているはずです。

 

そこで、ここではいじめを回避する方法

なぜいじめるのかという理由についてまとめてみました。

▼デイジーストア公式ページ▼

デイジーストア公式ページ→http://dazzystore.com

 

キャバクラっていじめはあるの?

参照:https://www.pakutaso.com/

先述したように、キャバクラのいじめは確かに存在しています

 

『成人しているのいい大人が……』と思うかもしれませんが

世の中には大人のいじめが溢れているのです。

 

しかも、性質が悪いことに

学生のいじめよりもずっと狡猾で

それでいて陰湿ないじめをする人も珍しくありません。

 

訴訟という法規的手段がある以上、

暴力をはじめとした直接的手段ではなく

気に入らない人を排除するため、

「ばれないようにいじめる」のが主流なのです。

 

つまり、キャバクラのいじめは

「大人のいじめ」だからこそ、

より恐ろしいものだといえるでしょう。

 

では、キャバクラでいじめに走る人は

一体どんな理由からいじめをするのでしょうか。

 

そして、いじめられる人はどんな言われがあって

いじめられてしまうのでしょうか。

 

 

 

キャバクラでいじめられる理由って?

「いじめられる方にも理由がある」というのは

いじめる側がよく口にする言葉です

 

確かにいじめられる側にも

なんらかの理由があることは確かでしょう。

 

それが些細なことであれ、非常識なことであれ、

いじめられる側にも理由があるのは確かです。

 

下述ではいじめられる側の理由を

紹介したいと思いますが、

「理由はあれど、悪いのはいじめる側」

ということは必ず胸に留めておきましょう。

 

キャバクラでいじめられるのは嫉妬が理由!

参照: https://www.pakutaso.com/

キャバクラで働いている方は、当然女性ばかりです。

 

女性ばかりの世界では

嫉妬が渦巻いていることが少なくありません。

 

「あの子調子にのってない?」

「わかるわかるー」

 

学生時代に、こうした会話に遭遇した人も

かなり多いのではないでしょうか。

 

この会話の根底にあるのは大抵嫉妬で

そしてそれは、一見華やかに見える

キャバクラの世界でも変わりません。

 

「顔がいい」、「痩せている」

「育ちがよい」といった天性のものから、

「お客様に気に入れられた」

「スタッフからの人気が高い」などといった

努力の結果のものまで嫉妬の対象は多岐に渡ります。

 

もちろん、なんらかの才能を持っている全員が

嫉妬にさらされるわけではありません。

 

他人への妬みばかりを募らせている人も

いるということは知っておきましょう。

 

 

キャバクラでいじめられるのはルールを破ったことが理由!

参照: https://www.pakutaso.com/

キャバクラには、様々なルールがあります。

 

「キャバクラ嬢の個人情報は喋らない」

「先輩には敬語で接する」といった

常識的なものから店内独自のルールまで

それは様々です。

 

キャバクラは女性一人一人が

独自に稼いでいるように見えますが

「店舗」という土台に乗っていることには変わりありません。

 

その土台を固めるのがルールなのですが

これを知らぬ顔で破り続けるキャバクラ嬢に対しては、

防衛反応のように排斥しようとします。

 

何か悪いことがあるのなら

直接いえばいいかもしれませんね。

 

ですが、言っても聞かなかったり

あるいは気質的に言うことが出来なかったりする場合は

いじめという手段を講じて排斥しようとするのです!

 

 

キャバクラでいじめられるのはストレス解消が理由!

参照: https://www.pakutaso.com/

キャバクラという仕事は自覚する、しないに関わらず

心身にストレスがかかります

 

それを真っ当な方法で解消する人はたくさんいますが

残念なことに、他人に当り散らしたり

人の心を踏みにじることでストレスを発散する人もいるのです。

 

そうした人は、あれこれと標的の悪いところを見つけ

それが、さも集団的な正義であるかのように振舞います

 

その人の振りかざす言葉を否定できればいいのですが、

同調圧力に屈し、集団いじめに発展してしまうこともあるのです。

 

自分よりも弱い人間を見つけて安心するのは

人間の性のひとつですが、

それを表に出して力を振りかざしてくる人もいます。

 

特にベテランキャバクラ嬢など

いじめることに快感を見出しているタイプ

こうした方法でストレスを解消していることも多いようです。

 

 

 

キャバクラって派閥はあるの?

参照: https://www.pakutaso.com/

派閥とは、ある一定の人がリーダーとなり、

その人を中心にして集まっている集団のこと。

 

こちらも学生時代に経験した方が多いのではないでしょうか。

 

「物静かな人の集団」「女性だけで固まる集団」

「男性とよく交流する集団」などがその典型例で、

これがいわゆる派閥といいます。

 

キャバクラでは主に出勤時間の長いキャバクラ嬢が中心となり

派閥を形作るようです。

 

派閥の恐ろしいところは、

「派閥に属していない女性をいじめても許される空気」が

出来てしまうところでしょう。

 

とはいえ、派閥同士で競争心が芽生え、

お店の売上や接客技術の向上にも繋がる点もあり

派閥があることは完全なデメリットというわけではないのです。

 

 

 

キャバクラでいじめを受けた女性の体験談

参照: https://www.pakutaso.com/

実際にキャバクラで受けたいじめについて、

一部引用して紹介したいと思います。

最初は無視されるだけでしたが、

段々と足を引っ掛けられたり

靴を隠されたりするようになっていきました。

 

しまいには、ありもしない噂話を流されるようになりました。

 

私が“店長の女”だというデマを

お客様に吹聴されていたのです。

引用: http://風俗辞めたい.com/

そのことで腹を立て脅しのメールがきました。

 

まず最初のメールは「悪いけど、お店やめて」というもので

知らないアドレスからいきなり届きました。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

退店への強行手段として、親にバラされましたね。

 

これはお店側が動いてくれて、

犯人が分かったようなものなんですが…

 

仕事中の私の写真が実家に送りつけられました。

家に帰ったらテーブルの上に写真が置かれていて顔面蒼白。

 

免許証も実家の住所だったし

結構、珍しい名字だったので調べやすかったんでしょう。

参照: http://night-work.tokyo/blog/341/

このように様々ないじめの実体験がありました。

 

では、解決方法はないのでしょうか。

 

 

 

キャバクラでいじめられないためには?

上述したように悪いのは、

そのほとんどがいじめる側です。

 

いじめられる側からすると、

いじめてくる人に対抗する術は決して多くありません。

 

ですから、まずは目をつけられないよう、

キャバクラでいじめを受けないようにするのが

最も大切なのです。

 

キャバクラでいじめられないためには挨拶と言葉遣いをしっかりしよう!

参照: https://www.pakutaso.com/

キャバクラでは、お客さんを楽しませるために

ついついラフな口調になりがちです。

 

お客様がそう望んでいるのならそれでもいいでしょう。

 

ですが、先輩キャバクラ嬢と話すときに

ラフな口調のままなのは、あまりおすすめできません。

 

というのも、キャバクラに限らず、

「目上のものを尊敬しない」

「礼儀がなっていない」というのは

いじめる側に社会常識という

大儀を与えてしまうからです。

 

年下に見えても先輩キャバクラ嬢には

『敬語で話し、挨拶もしっかりとする』というように

これだけでも、いじめの標的にされる確率を

ぐっと下げることができるでしょう。

 

 

キャバクラでいじめられないためには自慢は避けよう!

えみりさん(@e.golf.f)がシェアした投稿

何か嬉しいことがあると

ついつい共有してしまいたくなるのが人というものです。

 

もちろん、気心の知れている人であれば

素直に一緒に喜んでくれると思います。

 

ですが、キャバクラの同僚からすると、

喜んでほしくて発言した自分の成功が

単なる自慢話に聞こえてしまうかもしれません。

 

特にキャバクラで働いている女性は

ランキング制度のせいか競争心旺盛な方も多いため、

ちょっとした自慢話にイラッとしてしまうことも

 

「ちょっとイラっとした」程度で終わればいいのですが

その気持ちを他の女性と共有され、

いじめへと発展してしまう可能性もあります。

 

よって、できる限り謙虚な姿勢を崩さず

よいことがあったからといって、

あまり周りに触れ回らないようにしましょう。

 

全員が全員、人の成功を

素直に褒め称える余裕があるわけではないからです。

 

 

キャバクラでいじめられないためには暗黙のルールを守ろう!

神咲 あいかさん(@aikakanzaki)がシェアした投稿

キャバクラには、必ず店内ルール、

あるいは暗黙のルールというものがあります。

 

「ヘルプで入った女の子は

お客様に近づきすぎない」といったものだったり

「給料の話は口に出さない」といったものです。

 

いわゆるハウスルールというものですが

どんなルールにしろ、先述の通り

集団でルールを守らないものは排斥されてしまいます。

 

ただ、暗黙のルールを説明してくれる人は

それほどいないです。

 

キャバクラで働き出したら、

先輩たちの動きをしっかりと見て、

そのお店にはルールがないのか?

「空気を読む」ようにするといいでしょう。

 

 

 

キャバクラでいじめられている方は移転を!

どんなに対策したり、

どんなに気をつけていたとしても、

いじめは一種の天災のようなもので、

いつの間にか標的になっていたということもあり得ます。

 

もし自分がいじめの標的になっているなと感じたら、

スタッフに相談したり、復讐したり考えるよりも、

移転をしてしまったほうが楽でしょう。

 

そんなときに役立つのが以下のサイトです。

 

▼バイト求人の詳細はこちら▼

 

上記は、キャバクラをはじめ、

各種ナイトワーク専門の求人情報

検索することができますよ。

 

地域別で絞り込むこともできるので、

住居を移転せずとも働く場所を探すことが可能です。

 

いじめられているところにずっといても、

ただストレスが溜まってしまうだけ。

 

スタッフに事情を伝えて

すぐにでも移籍してしまいましょう!

 

「逃げるのはいやだ」と思う人もいるかもしれませんが

いじめをするような性格の人に

立ち向かってもいいことはありません。

 

いじめをする人ほど立ち回りがうまく、

店内に多くの味方を作っていることが多いからです。

 

いじめられていると感じたら、

新しい仕事場で、心機一転して

再スタートしてみるといいでしょう。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

キャバクラでのいじめについて

まとめましたが、いかがでしたでしょうか?

 

いじめなんてない場所に居るのが一番ですが、

もしいじめられたら、一人で考え込まず、

今の自分ができることをしましょう。

 

そして、「いじめる側が悪い」ということを意識し、

移転した先ではいじめられないように気をつけたいところですね。