夜の繁華街では、終電後も関係なく賑わい

朝まで営業している飲食店や居酒屋も多いので

利用した事のある人も多いのではないでしょうか?

 

また、水商売でも人気のキャバクラ店では

深夜0時~1時で閉まってしまうお店も多いですが

中には朝まで営業している店舗もありますよね。

 

しかし、キャバクラの場合は風営法という法律によって

はっきりと営業時間が決められているのです!

 

そこで今回は、風営法とは何なのか?

そして法律による正しいキャバクラの営業時間は何時なのか?

分かりやすく解説していきます。

▼デイジーストア公式ページ▼

デイジーストア公式ページ→http://dazzystore.com

 

キャバクラと風営法の関係って?

風営法とは、

「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」という

長くて難しそうな名前の法律を略したもの。

 

該当する業種の営業時間や営業方法が書かれています。

 

この正式名称を見ると「風俗営業」と書かれているので

キャバクラには関係ないのではないか?と

思う人も多いでしょう。

 

しかし法律の世界では、実際の風俗店以外のお店でも

風俗店と分類される業種がいくつあります。

 

キャバクラもその1つ

その他、バーやクラブ、

そしてゲームセンターやパチンコ店など

幅広い業種が風営法の法律によって管理されていますよ。

 

ここからは、法律で定められているキャバクラと

実際に行われているキャバクラの営業時間の違い

接客方法の決まりを紹介していきます。

 

風営法でのキャバクラの営業時間は0時以降はできない!

参照元URL:https://www.pakutaso.com/

キャバクラのホームページや看板を見ると

営業時間が「20時~LASTまで」と

なっている場合が多いですが

法律では、0時までと決められていますよ。

(例外的に深夜1時までの地域もあります。)

 

しかし、LASTまでと曖昧な表現をしている場合

朝まで営業しているお店が多いのが事実なのです。

 

この場合「営業できているなら大丈夫なんだろう」と思って

お店を利用するお客さんや

何のためらいもなく働くキャストも多いでしょう。

 

ですが、キャバクラには例外はないので

深夜1時を過ぎても営業しているキャバクラは

法律に違反しているので注意してくださいね!

 

 

風営法でのキャバクラの営業時間は0時以降は接客できない!

参照元URL:https://www.pakutaso.com/

キャバクラは、お客さんの横にキャストが座って

お酒を作ったり会話をする接客スタイルですが

このような接客を法律で「接待行為」と言われています。

 

そしてこの接待行為を深夜0時以降にすることは

法律違反になると厳しく定められていますよ!

 

なので、接待行為ができないと

キャバクラ店として成り立たないので

0時で閉店せざるを得ないでしょう。

 

また、バーのようなカウンター越しの接客や

ドリンクや注文のために

一時的にお客さんの横へ行くのは接待行為ではないので、

朝まで営業しているお店が多いのですね

 

 

風営法でのキャバクラの営業時間は0時までと決まっている!

yottanさん(@yottan0228)がシェアした投稿

営業時間は0時までと決まっていても、

実際に、お会計を済ませれば2時~3時まで

居座る事ができるキャバクラもあるでしょう。

 

ですが、法律や警察からの見方としては

0時以降には、店内にいるお客さんを全て外に出して

誰もいない状況なのが正しいとされていますよ。

 

もし0時を過ぎても、片付けや客出しをしない場合は

法律違反をしているお店という事になり

スタッフの好意などではないので注意してくださいね。

 

 

風営法でのキャバクラの営業時間は朝6時から営業できる!

法律で禁止されている営業時間は深夜0時~朝6時なので

その時間帯以外で営業をするなら

何時間営業をしていても、法律違反ではないですよ。

 

最近は、朝から営業している「朝キャバ」や

午後から営業する「昼キャバ」が多いですよね。

 

これは、一番稼げると言われている深夜0時からの営業が

法律で制限されてしまい、その利益を賄うために

始めたお店が多いと言われています。

 

そのように考えると

朝キャバ」や「昼キャバ」を

積極的に営業しているお店というのは

深夜0時までの営業時間を守っているお店が多いと言えるでしょう。

 

 

 

風営法に違反したキャバクラはどうなる?

風営法に違反したキャバクラがあるのは事実ですが

そのようなお店も必ず、すぐにバレてしまい

見つからずに利益を受けた分の罰が与えられるでしょう。

 

というのは、キャバクラを営業するためには

店舗についての詳しい情報を書いた書類を

警察署に届けなければ営業が開始できないのです!

 

なので、警察側は何処に何というキャバクラがあるのか

全て把握している事になりますね。

 

では、もしキャバクラが風営法に違反した場合

どのようなことが起きるのか?見て行きましょう!

 

法律違反のキャバクラはガザ入れがある!

参照元URL:https://www.pakutaso.com/

営業中のキャバクラに警察官が

お客さんのふりをして店内に入り、

お店が法律違反をしていないか調査をする

ガザ入れというのを聞いたことがある人も多いでしょう。

 

ドラマやドキュメンタリー番組でよく見るられる光景ですが

実際にガザ入れは頻繁に行われている行為で

多くのお店でガザ入れによって法律違反が発覚しているのです。

 

特に営業時間に関しての法律違反が多く

お客さんからの口コミや近所のお店からの情報を元に

ガザ入れが行われる事が多いようですね。

 

 

法律違反のキャバクラは言い訳が通用しない!

参照元URL:https://www.pakutaso.com/

営業時間での違反が発覚した場合

「お客さんが帰ってくれなかった」

「法律を知らなかった」と

説明する人が多いようですが、どんな言い訳をしても

法律違反を見逃してもらう事はできないのです。

 

キャバクラの営業する時に警察に提出する書類には

営業時間を書く欄や、法律内容に同意や署名もするので

「知らなかった」のは通用しないですよね。

 

また、営業時間を過ぎても始発まで居座ろうとしたり

帰ろうとしないお客さんに対しては

経営する側の義務として厳しく注意する必要があるでしょう。

 

 

法律違反のキャバクラは営業できなくなる!

sh_u_toさん(@sh_u_to)がシェアした投稿

風営法違反には、

無許可営業や未成年を働かせる事など様々なので

営業時間の違反程度なら、厳重注意くらいで済むのではないか?

と考えている人も多いでしょう。

 

しかし法律では、営業時間に違反した場合でも

「20日以上6カ月以下」の営業停止になると

定められているのです。

 

これを見ると、しばらくすれば

再開できると思われるかもしれません。

 

ですが、悪い噂広がりやすく

再開後はお客さんが寄り付かなくなり

働いていたキャストも営業停止中に働き場所を求めて

他のお店に行ってしまうようですね。

 

その結果、お店が成り立たなくなってしまい

閉店に追い込まれる例が多いと言われていますよ。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたでしょうか?

実際のキャバクラの営業時間と法律で定められた制限の違い

お分かりいただけたかと思います。

 

考え方によっては違反していないと思っていても

法律や警察官の見方は違うので

正しい法律知識を知っておく事が重要なのですね。

 

また、体験入店をして法律違反をしていないお店かどうか

確かめてから入店したいと考えている人に

おすすめのサイトがありますよ!

 

▼バイト求人の詳細はこちら▼

ナイトワーク公式サイト→http://girlsbaito.jp/

 

上記のナイトワーク専門の求人サイトでは、

働きたい業種だけでなく

体験入店ができる求お店を絞り込んだ求人検索ができます。

 

無料で検索できるので、気軽に利用してみてくださいね。