キャバクラではお触りなどの

お客さんからのセクハラ行為が多々あります。

 

色々なお客様が来店されますし、

ほとんどの方が異性との出会い来ているのも事実なので、

そんな中で、お触りをしてくるお客様もいるのです。

 

キャバクラで働きたいけどお触りがいやだな。

お触りをされていて、どうやって対処したらいいのかわからない』という方に

今回は、そのお触りなどのセクハラの対処法や対策について

詳しくご紹介させていただきますので

参考にしてみてくださいね。

▼バイト求人の詳細はこちら▼

 

キャバクラであるセクハラは?

参照元URL:http://01.gatag.net/

キャバクラでお触りに遭遇してしまった場合、

“どこを狙われるのか”知っておいて損はないでしょう。

 

キャバクラでお触りしてくるようなお客さんは、

初対面ではお触りしてくるような

見た目ではないことも多いので要注意です。

 

無口で、あんまり喋らなさそうな人こそ

注意してほしいですね。

 

また、そういった方が触ってくるのは

まずは腕などからタッチしてくる場合が多い傾向にあります。

 

そして、そこから太ももなどを徐々に触ってくるため

手の動きが怪しいなと思ったらすぐに対処しましょう。

 

人によってはいきなり、胸などを触ってくるお客さんもいるので

対処法をしっかりと覚えておくことが大切ですよ。

 

 

 

キャバクラでのセクハラには手をつなぐことで対処!

参照元URL:https://omizu–school.com/

キャバクラでお触りをされた時に定番の対処法

手を繋ぐことです。

 

「手ぐらいなら大丈夫」と割り切れる方には

ぜひ、おすすめしたい方法ですし、

当たり障りなくお触りを防ぐことができます。

 

お触りをしてくるお客様がお金を持っていそうで、

あなたがどうしても指名に繋げたい人の場合は

手を繋いであげることで、きっと次の指名にも繋がるかもしれません。

 

何より手を繋ぐことによって

お触りをしてくる手を封じることができますし、

手を握られた方も悪い気はしませんよね。

 

しつこいお触りはもう片方の手を握り、

カラオケしよう!」といって

もう片方の手にマイクを持たせれば

両手が塞がれるので、触られる心配はなくなります。

 

カラオケが店内に設置しているお店

働かれている方は、ぜひ実践してみてくださいね。

 

 

 

キャバクラでのセクハラには直接注意することで対処!

参照元URL:http://01.gatag.net/

お触りをされたのであれば、怒るのではなく、

まずはお客様に対して

直接注意をしてみるのも一つの手です。

 

その際には強い口調ではなく、

『そういうことは違う女の子にしてくださいね』といった風に

やんわり断ることが肝心です。

 

突然怒ってしまうと、

お店の雰囲気も悪くなりますし

周りのお客様にも迷惑がかかってしまいます。

 

また、気の弱い方で断らずに

なんとなく『やめてください』のように言ってしまうと

“この子は隙があるな、

触っても大丈夫そうだろう”と思われてします。

 

そうなるとより一層お触りが激しくなってしまうので

まずは『触ってほしくない』ということを直接言葉で伝えましょう。

 

 

 

キャバクラでのセクハラには話を変えることで対処!

参照元URL:https://www.pakutaso.com/

お触りをしてくるようなお客さんは

やはり下ネタ系のお話が多いのも特徴です。

 

特に話の内容は、9割下系のお話が多く、

お触りをするのもそういったお話が多い傾向にあります。

 

なので、ここは思い切って

話を全く違う話に切り替えましょう

 

話に集中させることによって

お触りを防ぐことができます!

 

下ネタ系の話を振ってきたら軽く流し、

笑って誤魔化して話を切り替えれば大丈夫です

 

『この子つまらないな』と思わせてしまえば、

そのお客さんからの指名をもらうこともできませんから

せっかくのチャンスを無駄にしないためにも

話の切り替えるネタを増やして、

対策を取るのがベストでしょう。

 

 

 

キャバクラでのセクハラには距離を開けて座ることで対処!

参照元URL:http://01.gatag.net/

もし直接注意しても、そして話を変えてもダメな場合は

席の座り方”を変えることでお触りを防げますよ。

 

ポイントは”自分が動きやすい場所に座ること”です。

 

深く座ると自然とお客様との距離も近くなってしまい

立ち上がる時にも手間がかかってしまうため、

隙ができてお触りを防ぐことができません。

 

浅くソファに腰掛けることで

触られそうになってしまった場合に

すぐに立ち上がることができますし、

お客様との一定の距離を保つことができますよ。

 

「このお客さんなんだか怪しいかも?」と思った場合は

まずは座り方を変えることでお触りを未然に防げますよ

 

 

 

キャバクラでのセクハラには塩対応で対処!

参照元URL:http://01.gatag.net

もし手を繋いでもダメな場合は、

先ほどの『話を変える』でも触れましたが

つまらない子と感じさせてください。

 

これは、最終手段の対処法で

お触りは女性にとって本当に嫌な行為ですし、

嫌なものは嫌だと態度で表しましょう。

 

お触りされた場合には、低いトーンで

マジでやめて本当にやめてください」と

はっきり伝えましょう。

 

話を振られてもうん、そうだねくらいの

塩対応の態度で臨みましょう。

 

大切なのは本気で嫌がっていることをわかってもらうこと。

 

そしてつまらないことと思わせることで

お触りをしてくるようなお客さんからの指名も回避できますし、

相手もテンションが下がって、

お触りをしてくるようなこともなくなるでしょう。

 

また、接客の途中にトイレに行くふりをして

相手をクールダウンさせるという方法もあります。

 

 

 

キャバクラでのセクハラにはボーイに言うことで対処!

参照元URL:https://pictogram-free.com/

キャバクラでのお触りは

お店側からお客様に対しても出している禁止行為です。

 

しかし、ボーイも忙しくしている場合は席に目を配れず、

どんなお客様なのか把握できていない可能性もあるので

まずはセクハラの事実を伝えましょう

 

トイレに行くふりをして席を立ち、

お触りしてくるお客様”だということ。

 

そしてその席に付きたくないことを

しっかり言うことが大切です。

 

ボーイさんはまずはその席を巡回し、

監視してくれます。

 

ボーイに見られてお触りをやめるお客さんがほとんどですが、

それでもやめない場合はボーイの注意が入ります

 

注意が入ることで、大抵のセクハラは防げますが

その後も様子を見ることが大切ですよ。

 

 

 

キャバクラでのセクハラにはお店を変えることで対処!

参照元URL:https://www.pakutaso.com/

お触りをしてくるお客様が

お店に来る機会が多いなと感じた場合や

お触りをしてくるお客さんがいるのにも関わらず

ボーイに見て見ぬ振りをされた場合には

お店を変えることを考えてもいいかもしれません。

 

お触りをしてくるようなお客さんが多いのは

単価はどうでもいいから、

どんなお客様でも入れてしまおうという

質の悪いお店である可能性が高いです。

 

お触りは本当に嫌な行為ですし、

そしてその気持ちを汲み取ってくれないことは

働いていて良い気分ではありません。

 

なのであなたを大切にしてくれるようなお店を選び直すという

選択肢も頭に入れてみてくださいね。

▼バイト求人の詳細はこちら▼

 

 

この記事を読まれた方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

キャバクラでセクハラをしてくる客の

対処方法や対策を紹介してきましたが

いかがでしたでしょうか?

 

キャバクラでのお触り行為に対する対処法は

『直接注意すること』『話を変えること』

『距離を開けて座ること』『手をつなぐこと』

『塩対応』『ボーイに言うこと』『お店を変えること』の8つでした。

 

ボーイに言うことで、周りの協力を得られるため

あなた対お客様の一対一で対処せずに済むので、

お触りをされたらまずはボーイに助けを求めてくださいね。

 

お金を払っているからといって

お客様が何をしてもいいというわけではありません。

 

また、これまでに紹介したセクハラされる理由以外にも

露出が多めのドレスを着ているからという場合も考えられます。

▼デイジーストア公式ページ▼

デイジーストア公式ページ→http://dazzystore.com

 

上記のサイトには様々な種類のドレスが掲載されていますので

あなたに合ったドレスを一度、探してみはいかがでしょうか。