キャバクラとスナックの明確な違いを

みんさんはご存知ですか?

 

お仕事を選ぶ際は自分に合ったお店選びを

することが重要となります。

 

そこで、似ているようで違う

キャバクラとスナックの違いをご紹介いたします。

 

時給や接客の方法など、

お仕事をする際に重要と言える情報を提供いたしますので、

是非最後までご覧になってみてくださいね。

▼バイト求人の詳細はこちら▼

ナイトワーク公式サイト→http://girlsbaito.jp/

 

キャバクラってどんなところ?

参照URL:https://www.pakutaso.com/

まず始めにキャバクラとは

どんなところなのでしょうか。

 

キャバクラとはキャストと呼ばれる女の子が

お客様にお酒を作ったりお客さんとお話しをするところで

接客は基本的にお客さん1人につきキャストが1人つく、

一対一の体制で行ないます。

 

そして気になる身体の接触ですが、

おさわりなどのセクハラは一切NGです。

 

酔ったお客さんがキャストの身体に触れたりなどの

NG行為が行なわれた際は男性従業員が止めにくることも。

 

キャバクラは大体のお店が時間毎のセット料金で、

プラス女の子の指名代や同伴代などが

加算される仕組みとなっていて、

キャストの飲み物は別料金のお店がほとんどとなっています。

 

働いているキャストの年齢層としては、

18歳~20代前半の方が中心のお店もあれば

20代後半の方が中心のお店もあります。

 

 

 

スナックってどんなところ?

参照URL:https://www.pakutaso.com/

次にスナックとはどんなところなのでしょうか。

 

本来スナックとはスナックバーなどと呼ばれている

カウンター付きの飲食店のことを言いますが、

日本ではスナックと略されて

お酒などを提供するお店としています。

 

一昔前までは大半のスナックに

男性のマスターやバーテンダーがいましたが、

最近ではお店を切り盛りしている

お店の責任者が女性である可能性が高く、

お客さんからはママと呼ばれています。

 

ママやその他のキャストと一緒に

会話やカラオケなどを楽しんだりするのがメインで、

お酒や食事はあくまでも

それらの補助的な役割となっています。

 

スナックというとキャストもお客様も

年齢層は高めというイメージがあるかと思いますが

確かに大半のお店はその通りです。

 

しかし、最近は「本当にスナック?」と

疑問に思ってしまうほど、

若くてキレイなママやキャストがいるお店が増えています。

 

 

キャバクラとスナックの違いって?

では具体的にキャバクラとスナックは何が違うのか?

わかりやすくご説明していきましょう。

 

キャバクラとスナックの違いは時給と料金設定!

参照URL:hhttp://01.gatag.net/

キャバクラとスナックには

料金設定の違いがあります。

 
キャバクラは時間毎に発生する料金に

キャストのドリンク代や指名料などが

上乗せになる場合がほとんどと言えます。
 

一方スナックはセット料金のほかに

ボトルを入れた場合にはボトルの種類によって異なる

それぞれの料金が上乗せのなる場合が多く、

キャバクラと違い女の子の指名料などははありません。

 

そのためキャバクラに比べスナックのほうが

リーズナブルということがわかりますね。

 

そうしたことからキャストの時給にも

もちろん違いがあります。

 

キャバクラの場合の平均的な時給は

2000円~3000円、

有名なお店の場合であれば5000円ほどと

時給はお店によってばらつきがあります。

 

そのほかに指名料が上乗せされるので

人気があるキャストは

その分稼げる仕組みになっています。

 

一方スナックの平均的な時給は

2000円前後が相場と言われており、

キャバクラに比べてスナックの方が

時給が安いことがわかりますね。

 

 

キャバクラとスナックの違いは接客方法!

参照URL:https://www.pakutaso.com/

キャバクラではお客様1人に対して

キャスト1人が付くといった一対一の接客が基本です。

 

スナックは主にカウンターでママが

一人で接客をする場合が多いのですが、

キャストがいるお店の場合でも

キャバクラのように人数は多くないので

基本的に1人で複数のお客さんの接客を行ないます。

 

スナックはキャバクラのように女の子が

テーブルに付いたりすることはほとんどありません。

 

しかし接客方法に関してはお店によって異なるため、

これらの違いはあくまでも一般的な考え方と言えます。

 

 

キャバクラとスナックの違いはキャストの年齢層!

参照URL:https://www.pakutaso.com/

キャバクラでは18歳~20代前半のキャストが

中心のお店もあれば

20代後半のキャストが多いお店もあります。

 

最近では若いママがいるスナックも珍しくはありませんが、

一般的にはキャバクラよりもスナックの方が

キャストもお客さんも年齢層は高めと言えるでしょう。

 

そうしたことを踏まえ、

キャバクラかスナックで働くことをお考えなら

自分の年齢に合った方を選ぶことをおすすめします。

 

年齢的にキャバクラはもうちょっとキツいかも…

と思い始めたらスナックに転職してみるのもありでしょう。

 

▼デイジーストア公式ページ▼

デイジーストア公式ページ→http://dazzystore.com

 

キャバクラやスナックの違いはカラオケの有無!


参照URL:https://www.pakutaso.com/

スナックといえばカラオケがあるイメージが

強いという方が多いのではないでしょうか。

 

スナックにはカラオケがついているお店が多いので、

お客さんにお願いされるとキャストも歌わなければいけない、

といった場面が頻繁にあるのもスナックの特徴の一つ。

 

もちろん人によって歌うことは

得意不得意に分かれる分野ですが、

スナックで働く上でカラオケは重要な業務の一つになります。

 

歌でお客様と盛り上がったりすることを

楽しめるタイプの方にとってはメリットと言えますが、

歌が苦手な方にとってカラオケは

デメリットになると言えますね。

 

そのため自分が働くお店選びをする際には

そういった点も事前に調べてから決めることを

おすすめします。

 

 

キャバクラとスナックの違いはキャストの服装!

参照URL:http://01.gatag.net/

キャバクラとスナックには

服装に関する決まりの違いがあります。

 

キャバクラは基本的にドレスでの出勤が

決まりのお店がほとんどで、

髪型やネイルなどにも細かい規定がある場合もあります。

 

そのため働くにあたって

それなりの出費を覚悟する必要があります。

 

それに比べてスナックは服装に決まりがなく、

私服OKというお店も多くあります。

 

そうしたことからキャバクラに比べて

スナックのほうが気軽な感覚で

働くことができると言えますね。

 

 

 

キャバクラやスナックで働くなら?

参照URL:https://www.pakutaso.com/
キャバクラやスナックで働くのであれば

それぞれの違いを理解して

どちらで働くかを決めることが重要と言えます。

 

どちらで働く場合にも共通して言えるのが、

お店選びは慎重に行なうということです。

 

お店によってキャストや客層などの違いがあり、

それぞれ合う合わないといった問題はつきものですし

働き始めてから自分に合わないと感じても

すぐに辞めることが出来なければ

仕事をする上でのストレスにも繋がります。

そのためお店選びをする際には

求人を多く扱っている求人サイトなどを

利用することがおすすめですよ。

 

必要に応じて体験入店などをしてみることも

いい職場を見つけるために役に立つのではないでしょうか。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたでしょうか。

 

キャバクラとスナックには様々な違いがあることが

ご理解いただけたかと思います。

 

客層、キャストの年齢層、時給や服装の決まりなど、

働く上で重要なポイントとなる違いが多くみられましたね。

 

キャバクラやスナックで働く際には、

自分の性格のタイプを踏まえた上で

自分に合った方を選ぶことが重要になります。

 

そして収入の面でも違いがあるので、

どれくらい稼ぎたいかなども

あらかじめ明確にした上での判断をおすすめしますよ。

 

お店選びをする際には各地域の豊富な求人情報を扱う

求人サイトなどを参考にすると

自分に合ったお店が見つかりやすいので

ご利用してみてはいかがでしょうか。