キャバクラは夜の世界においては、

華やかな雰囲気の場所です。

 

しかしながら、それでも

夜の世界の一端であることには変わりありません。

 

そして、夜の世界は怖い所という印象を持っている方も

多数いらっしゃるのではないでしょうか。

 

その考え方は完全に一致しているとはいえませんが、

ある程度は一致しているといってもいいでしょう。

 

キャバクラは女性の世界なので、

怖い所になってしまうこともあるのです。

 

そこで、ここではキャバクラにおける

怖い話を紹介していきましょう。

▼デイジーストア公式ページ▼

デイジーストア公式ページ→http://dazzystore.com

 

キャバクラが怖いと思ったエピソード1

●スタッフや店長が売上金を勝手に天引きする

参照: https://www.pakutaso.com/

20代・Mさん:キャバクラで働いて

まだ1年くらいしか経ってない頃、

接客途中でお手洗いに行ったら店長が

こっそり売り上げを自分の財布の中に入れている姿を発見。

目があったけど何食わぬ顔をしていた…。

衝撃的すぎてキャバクラって怖い場所なんだなー…と思った。

参照: https://sirabee.com/

キャバクラでは、もちろん売上金が

すべてがキャバクラ嬢の懐に入るわけではありません。

 

ただ、多くのキャバクラでは

店とキャバ嬢との取り分をあらかじめ決めています。

 

ところが、お店によっては

何も知らない新人キャバクラ嬢をだまし、

必要以上の取り分を持っていくスタッフや店長もいるのです。

 

もちろんほとんどのキャバクラ店は

ルールに従って給料を分配していますが、

「そういうお店もある」ということを

意識しておいて損はないのでしょう!

 

 

 

キャバクラが怖いと思ったエピソード2

●成りあがるために枕営業を……

参照: https://www.pakutaso.com/

20代・Fさん:あるスナックのママの娘が入店したが、

他のキャバ娘とは違い、派手な印象はなく素朴な感じ。

「大丈夫かな…」と少し心配だった。

しかし、一気にナンバーワンに。

「やっぱりママの娘は才能あるのね!」と思ったが、

半年くらいでいきなり退店。

のちに客からのタレコミで知ったのだが、

「家が貧乏で生活費がない…。

少しでいいからお金を貸してほしい」と、

いろんな客と寝ていたそう。

その子の体と言葉に男性陣は騙されたそうだ…。

ナンバーワンになるために裏でこっそり努力をしていたのね…。

人は見た目によらない。特に女は。

参照: https://sirabee.com/

特に高級店と呼ばれるようなキャバクラにおいては、

キャバクラの売上を「競争」と

考えているキャバクラ嬢は多くなります。

 

本来は同僚としては

働く女性のことを「敵だ」と思い込むと、

キャバクラはとたんに怖い所に変わってしまうのです。

 

特に怖い所ですと、

なんとしてでも人より売り上げを多くあげるため

常連のお客様と枕営業をする女性もいるとか

 

売上をあげるのは大切かもしれませんが、

大切な何かを失ってまで

売り上げを高めようと考えている人がいることは、

それだけでも怖い所ですよね。

 

 

 

キャバクラが怖いと思ったエピソード3

●同僚が自殺

参照:https://www.pakutaso.com/

30代・Yさん:同じお店に、

稼いだお金で鼻を高くしたり豊胸したりと

あちこち整形している美意識高めの子がいた

すごく美人で、もっと自信持てばいいのに

口癖が「歳をとりたくない…」だった。

整形でどんなに体を綺麗にしても、

歳をとることを病的に怖がっており

耐えきれなくなったのか、

ある日自宅マンションから飛び降りて亡くなった。

参照:https://sirabee.com/

楽しくお酒を飲むことができるのが一番ですが

上昇志向の強い女性の場合、

どうしても自分と周囲を比べてしまいます。

 

指名ランキング、かわいらしさ、その他もろもろ、

とにかく自分にないものを羨んでしまうのです。

 

それが重なってしまい、

心理的重圧に耐えきれなくなった結果、

同僚が自殺してしまうということも少なくありません。

 

キャバクラという環境を「競争の場」と比べると

このようなことが起こりうる

怖い所になってしまうのです。

 

 

 

キャバクラが怖いと思ったエピソード4

●お客さんに住所を調べられた

参照: https://www.pakutaso.com/

お客さんにたまたま通信系の人がいて、

その人に「どこ住んでるの?」と聞かれた際、

「〇〇区だよ」と適当に住んでいない区を言いました。

そしたら名前と電話番号で勝手に住所を調べたらしく

「本当は〇〇区に住んでるんだよね?」と

連絡してきて、ゾッとした…」(Mさん・20代)

参照: https://www.news-postseven.com/

キャバクラでお客様と付き合うのは、

あくまでもお仕事上の話です。

 

お客様が旦那様になることはそれなりにありますが、

それでも、90%以上のお客様と

仕事以外でお付き合いをすることはまずないでしょう。

 

しかしながら、お客様のほうはいつの間にか

仕事上の付き合いを本気にしてしまい、

住所を調べてストーキングをされた

という報告も少なくありません。

 

名前や電話番号さえあれば

今の時代、簡単に住所を調べることができます

 

本人に悪気がない可能性もありますが、

この点は人の気持ちを扱うキャバクラという仕事の

怖い所だといえるでしょう。

 

 

 

キャバクラが怖いと思ったエピソード5

●マンションまでストーキングされた

参照: https://www.pakutaso.com/

店前でタクシーに乗った私の跡をつけてきたお客が、

後日、勝手に私の住んでるマンションまで来て

『今マンションまで来たんだけど』と

電話をかけてきた。

結局マンション前で私を7時間待っていたようだ(Rさん・20代)

参照: https://www.news-postseven.com/

恋という気持ちは

自分ではなかなか歯止めの効かないものであります。

 

一説には、人は恋をする

チンパンジーと同程度まで知能が

低下してしまうとも言われています。

 

キャバクラは、その気持ちが

全くの一方通行のまま

膨らみ続けてしまう可能性があるという点は、

とても怖い所だといえるでしょう。

 

多くのキャバクラ嬢は業務を終えた後、

タクシーや送迎の車、あるいは徒歩で家に帰ると思います。

 

この後をつけてマンションを特定されてしまい、

電話にその旨が伝えられた、というのですね。

 

この行為が続く場合は立派な犯罪になるので、

通報も視野に入れて対応しましょう。

 

本気にしてしまった男性の中には

一切手段を選ばない人もいるので、

その点はキャバクラの怖い所だといえます。

 

 

 

キャバクラが怖いと思ったエピソード6

Suicaから予定を調べられた

Segmentさん(@segment_32)がシェアした投稿

毎日のようにお店に来ては

『付き合って!』としつこいお客さんと渋々アフターに行った翌日、

Suicaがないことに気付いた。

アフターのお店にSuicaを忘れてしまったのかな? と思ったが

実際はお客さんがシレっと取っていたらしい。

参照: https://www.news-postseven.com/

キャバクラのお客様と付き合う上で、

「嘘も方便」という形で

お客様に噓の予定を伝えることもあると思います。

 

噓の程度は様々ですが、アフターのお誘いを断ったり

「予定があるから会えない」と言ったり、

これらは常套手段のひとつといっていいでしょう。

 

置き忘れたsuicaから

情報を抜き出すだけでも怖い所ですが、

その嘘を直接問いただそうとするのもかなり怖い所ですよね!

 

もちろん、噓をつくことは

褒められたことではありませんが、

お客様の中には

「自分と同じくらい女性のほうも自分を想っている」と

考えている方もいるのです。

 

 

 

キャバクラが怖いと思ったエピソード7

ノルマはないと言われていたのに……

天草 さゆりさん(@sayuritiancao)がシェアした投稿

しかし、実際に働きはじめて

指名のお客様が増えてくると、

最初は何も言わなかった

オーナー・店長・ボーイなどが

「今日は指名のお客様が来るのか?」と

確認してくるようになるのです。

来るのであれば「何人来るのか?」と聞かれ、

人数が少ない、一人も来ないとなると

営業の電話やメールをするように

プレッシャーをかけられます。

私は指名を5本取った日に呼びだされて、

「可愛い顔してるんだから、もっと客呼び込めよ!

できるだろ!」と、声を荒げられ

後ろから蹴り飛ばされたこともあります。

参照:https://camatome.com/

キャバクラにおけるノルマとは、

同伴ノルマ、売り上げノルマ、

指名数ノルマ、出勤ノルマなどがあります。

 

こうしたノルマは、

求人をする上で都合の悪い要素なので

隠して求人をするお店も少なくありません。

 

柄の悪い男性に怒鳴られることもあると考えると、

キャバクラは怖い所だと感じても仕方がないでしょう。

 

このエピソードのように怒鳴られないまでも、

「定例ミーティング」によって

プレッシャーをかけられたり、

売り上げが悪い女性に対して露骨に態度が冷たくなる

「実質的なノルマ」を設けているお店もあるという点は

かなり怖い所ですよね。

 

〈関連記事〉

 

 

 

キャバクラが怖いと思ったエピソード8

●同僚からのいじめ

参照: https://www.pakutaso.com/

「あの子は枕営業をしている」

「あの子は○○さんのことを、

こんな風に悪く言っていたから

指名するのはやめたほうがいい」など、

私もデマを流されたりしました。

他にもドレスや靴を捨てられたり、

席を立ち上がった時に

足をひっかけられたりしたこともあります。

飲みたくもないのにお客さんの前で

「○○さんはお酒が強いから」と

無理やり一気飲みをさせられたり、

稼いだお金を全て抜き取られるようなこともありました。

参照: https://camatome.com/

繰り返しになりますが、

キャバクラは、お店によっては

強い競争を煽ってくる怖い所になる可能性もあります。

 

そうなると、どうしてもにじみ出てくるのが嫉妬。

 

特に新人の女性が頭角を示してくると、

激しい嫉妬心の矛先が

その女性に向くことも少なくありません!

 

ありもしない噂を流したり、直接的に妨害をしてきたり、

キャバクラのいじめも多いということを

忘れてはいけないのです。

 

それを「当たり前」だと考えている女性がいるのも

また怖い所だといえるでしょう。

 

最悪の場合、金銭を取られたり、

実害が及ぶこともあり得ますね。

 

〈関連記事〉

 

 

 

キャバクラが怖いと思ったエピソード9

お金が無くなっていく

接客のために

さまざまな経費がかかることもネックです。

お店側が負担してくれるのであれば問題ありませんが、

たいていのお店では衣装代や携帯代は自己負担になります。

特に身なりを気にしなければならない仕事なので

ドレス代やヘアメイク代などには

かなりのお金がかかります。

参照: https://camatome.com/

キャバクラに勤める際、

多くの女性はお金を増やすために勤めると思います。

 

しかしながら、キャバクラにおける付き合いは

様々な予算が必要です。

 

ドレス、ヘアメイクなどはもちろん、

「仕事用」の携帯を持つので

あれば、その分の携帯代金も嵩みます。

 

また、夜の仕事の金銭感覚に慣れすぎてしまい、

お金遣いが荒くなってしまうことがあるのも

ひとつの怖い所だといえるでしょう。

 

お金を稼ぐために勤めたキャバクラで借金を背負い、

最後には風俗業界に

行かざるを得なくなった女性もいるあたりは

怖い所といえるかもしれませんね。

 

 

 

キャバクラが怖いと思ったエピソード10

生活リズムがガタガタに

せりな🐰さん(@serina_capsule)がシェアした投稿

また昼間寝て、

夜働く昼夜逆転の生活も体にこたえます。

そして日光を浴びないせいで、

体調不良になっただけでなく

精神的にも不安定になってしまったのです。

結局、心が落ち込んだ状態が長引いてしまい

仕事も辞めざるを得なくなりました。

体や心までも蝕んでしまうのは、

この仕事の一番恐ろしい部分だと思います。

参照: https://camatome.com/

いうまでもなく、

基本的にキャバクラがフル回転するのは夜。

 

どうしても深夜から朝方にかけての仕事が多くなり、

いつの間にか夜型生活をしているという人も少なくありません。

 

多くの研究者が結論付けているように、

夜型の生活は決して「健康的な生活」ではないのです。

 

それに加えて、キャバクラではお酒を大量に摂取するので、

続ければ続けるほど、健康被害が出てしまうのは怖い所といえます。

 

もちろん、キャバクラの生活を

ものともしないタフな人もいますが、

健康を害する危険性があるという点は

注意したいところですね。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

キャバクラが「怖い所」だと

感じるようなエピソードについて紹介しましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

キャバクラで働くのを

やめようと思った方もいると思いますが、

決してすべての店が

上述したような怖い所だというわけではありません!

 

怖い所になってしまうのは、

お店選びに失敗してしまった場合ですね。

 

キャバクラを怖い所にしないため、

お店選びを慎重にすることは大切だといえるでしょう。

 

そこでおすすめしたいのが以下のサイトです。

 

▼バイト求人の詳細はこちら▼

 

上記のナイトワーク専門の求人サイトでは

様々な条件から仕事を探すことができるので、

あなたのスタイルに合わせてお店を探すことができます。

 

終電上がりOK、日払いOK、未経験の方でも大歓迎など

好待遇・好条件のお店がたくさん掲載されていますよ。

 

ぜひ好きな条件を設定し、

「怖い所」にならないようなキャバクラを探してみてくださいね。