『ガールズバーってどんな仕事なの?』

と気になる方のために、

今回はガールズバーの仕事内容やルール、

時給相場、勤務時間についてご説明していきます。

 

おすすめの登録サイトもご紹介しているので、

ガールズバーで働きたいと考えている方は

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

▼バイト求人の詳細はこちら▼

 

ガールズバーの仕事内容って?

参照元URL:http://01.gatag.net/

ガールズバーはキャバクラやスナックと違って、

お客さんの隣に座って接客するのではなく

バーカウンターごしで接客をする『対面接客』が基本。

※飲食の営業許可の関係で隣に座ることは禁止されています。

 

なので、キャバクラやラウンジなどと違って

お触りを気にすることなく接客を行えますよ。

 

基本的な仕事内容はお客さんのお酒を作ったり

会話をしたりと普通のバーとほとんど同じで、

普通のバーで女の子が接客をするというイメージが

わかりやすいかと思います。

 

キャバクラなどと違ってお店によっては

私服で働けるところもありますし、

初心者の方は自分が水商売に向いているかどうか知るために

まずはガールズバーで働いてみるのもいいかもしれません。

 

客層も比較的若い方が多く、

もし出会いを期待しているような方は

彼氏ができるチャンスかもしれませんよ。

 

 

 

ガールズバーで働いている人の勤務内容に対する声って?

参照元URL:https://www.pakutaso.com/

ガールズバーで働こうと思った時は、

求人内容をチェックするよりも

実際に働いている女の子の声を聞いた方が

イメージしやすいかもしれません。

 

では実際にガールズバーで働いている女の子の

働いてよかった、よくなかった、

双方の声をご紹介していきましょう。

 

●働いてよかったという声

・接客も楽で、お触りも気にしなくてとても安心して働ける

・フランクなお客さんが多いので接客していて楽しい

・ノルマなどを気にせず働ける

・お酒を飲まなくて済む、滅多に飲むようなことはない

・キャバクラなどと違って、ラフな格好で出勤できる

 

●働いてよくなかったという声

・連絡先を交換するのがめんどくさい

・営業時間が長くて、

お客さんがいる限り働かないといけないのでしんどい

・時給が安いので想像していた給料とは少し違った

・基本的に立ち仕事なので足が疲れる

 

服装や接客もラフな感じで働きたい、

立ち仕事や勤務時間が長いのは苦じゃないという方に

ガールズバーの仕事は向いてると言えますね。

 

 

 

ガールズバーの仕事のルールって?

ガールズバーはお店によって

仕事のルールが細かく決められています。

 

では早速、基本的なガールズバーの仕事のルールを

分かりやすくご説明していきましょう。

 

ガールズバーの仕事ルール1

●自分の名前の自己紹介

参照元URL:http://01.gatag.net/

ガールズバーでは、ネームプレートに

自分の名前を記入して自己紹介をするお店が多いです。

 

初めてお会いするお客さんには

「〇〇と言います。よろしくお願いします」と

必ず挨拶を交わしましょう。

 

水商売では最初の印象がとても大切なので、

しっかりとお客さんの目を見て

笑顔で挨拶をするのがポイントです。

 

最初の印象を良くしてお客さんに気に入ってもらうことで、

ドリンクを飲ませてもらえる可能性が高くなりますよ。

 

 

ガールズバーの仕事ルール2

●乾杯の際にはお客さんよりグラスを下げる

参照元URL:http://girlydrop.com/

ガールズバーだけでなく、

乾杯の際にグラスを下げるのは

一般社会でも当たり前のルールですよね。

 

特にガールズバー などの水商売のお仕事では

別途料金でお客さんからドリンクを頂くため、

「ありがとうございます」という感謝の意味を込めて

乾杯の際はグラスを下げるようにしましょう。

 

そうすることによって、お客さんから

「しっかりしている子」だなと思ってもらえるので

自然とあなたの印象も良くなりますよ。

 

 

ガールズバーでの仕事ルール3

●灰皿はこまめに変える

参照元URL:https://www.photo-ac.com/

キャバクラでは、タバコ1本を消し終わったら

すぐに灰皿を取り替えるのがルールと言われていますが、

ガールズバーではタバコが3〜4本溜まってきたら

灰皿を変えるのが基本なルールとされています。

 

お客さんと会話をしながらグラスは空いていないか、

灰皿にタバコは溜まっていないかを

さりげなくチェックするようにしましょう。

 

また灰皿を交換する際は、灰が飛び散らないように

新しい灰皿を上にかぶせて取り替えるのがルールですよ。

 

 

ガールズバーでの仕事ルール4

●挨拶はしっかりと

参照元URL:https://www.pakutaso.com/

最初にご説明した自己紹介と少し内容は被りますが、

ガールズバーでも挨拶はとても大事です。

 

お客さんにドリンクを頂いた際には

「ありがとうございました。」と、

自己紹介の時は「初めまして」など

基本的な挨拶は忘れないようにしましょうね。

 

どれだけ美人でスタイルが良くても

愛想が悪かったり挨拶ができないと、

お客さんから良く思ってはもらえません。

 

逆に容姿に自信がない方でも

挨拶をしっかりできて愛想良くしていれば、

お客さんから好印象を持ってもらえますよ。

 

 

 

ガールズバーの仕事の時給の相場って?

参照元URL:https://www.photo-ac.com/

キャバクラでは時給が3000円などと

高額なイメージがあると思いますが、

ガールズバーになると時給はぐっと下がります。

 

もちろん地域やお店によって変わってきますが

時給の平均は1300円~と言われていて、

基本的には1500円で募集しているところが多いそう。

 

繁華街では2000円で募集しているところも多く、

もしあなたが稼ぎたいのであれば

飲み屋さんが集中している賑わっている場所で

働くことをすすめします。

 

また、ガールズバーでもお店によっては

ドリンクバックや指名バックなどを

設定しているお店もあるので、

頑張り次第では時給+歩合で給料を上げることがきますよ。

 

もっと時給をあげたい、もっとお金が欲しいという方は

ドリンクをたくさん飲ませてもらったり、

積極的にお客さんを呼ぶ努力が必要と言えますね。

 

 

 

ガールズバーの仕事の勤務時間って?

参照元URL:https://www.photo-ac.com/

キャバクラやスナックなどは営業時間が19時から

1時までと厳格に決められています。

 

しかしガールズバーは深夜酒類提供飲食店という

手続き的には普通のバーと同じ手続きをしているので、

本来24時間営業することは可能ですが

女の子の時給も払わなければならないので

いつまでも働かせていると赤字になってしまいますよね。

 

なのでガールズバーの営業時間は

基本的に早くても18時・19時〜朝の5時まで

取り決めているガールズバーがほとんどです。

 

それでもキャバクラやスナックに比べると

営業時間は長いですし、

お客さんが来ればその分勤務時間が延びる場合だってあります。

 

時給が低い分、長い時間勤務することで

給料を稼ぐことは可能ですが、

もしもあなたが勤務時間を不安に感じているのであれば

店長に早めに上がりたいことを伝えておけば

早めに退勤させてくれますよ。

 

ガールズバーは勤務時間が長いので、

無理しすぎないようにシフトを組むことが大切です。

 

 

 

ガールズバーの仕事のメリットは?

ガールズバーの仕事のメリットは

大きく分けて以下の3つ。

・おさわりを気にしなくていい

・服装が割と自由

・自分のペースでお酒が飲める

・ノルマがないお店が多い

では具体的にどういったメリットなのか、

ご説明していきましょう。

 

ガールズバーでの仕事のメリット1

●おさわりを気にしなくていい

参照元URL:https://www.photo-ac.com/

先ほども言いましたが、

ガールズバーは対面接客なので

お客さんに触られる心配は一切ありません。

 

ですがお店によってはおさわりに関して

決まりが緩い場合もあるそうなので、

面接の際などに「おさわりは嫌だ」ということを

しっかりと店長に伝えるようにしましょう。

 

 

 ガールズバーでの仕事のメリット2

●自分のペースでお酒を飲める

参照元URL:https://www.photo-ac.com/

ガールズバーではお酒を女の子が作るので

自分で飲むお酒を薄く作ることだってできますし、

アルコールを入れなくてもバレません。

 

キャバクラのように

お客さんに飲まされるようなことはなく、

自分のペースでお酒を作ることができるので

酔っ払って帰るようなことはないですし、

二日酔いの心配もありませんよ。

 

 

ガールズバーでの仕事のメリット3

●服装が割と自由

参照元URL:http://01.gatag.net/

ガールズバーは私服出勤可能なお店や、

ワンピースなどで働けるお店が多いので、

仕事着にお金がかかることはありません。

 

また、お店によっては制服があるところもあるので、

仕事用の服を買う必要がないのは嬉しいですよね。

 

ですが、制服有りのガールズバーの中には

露出の多い服を着なければいけない場合があるので、

これも面接の際にどんな服なのか確認することが大切ですよ。

 

 

ガールズバーでの仕事のメリット4

●ノルマを気にしなくていい

参照元URL:http://01.gatag.net/

ガールズバーにはノルマがないお店がほとんどなので、

比較的、楽に仕事をすることができます。

 

また、ガールズバーはシフトの調整も厳しくないので

働きたい時に働けるのもメリットの一つと言えますね。

 

ただ、ノルマやシフトが厳しくないと言えど、

仕事は仕事なので接客をおろそかにしたり

シフトを守らないなど、

最低限のマナーは守るようにしましょう。

 

 

 

ガールズバーの仕事でデメリットは?

ガールズバーのデメリットとして

よくあげられるのは以下の3つ。

・時給が安い

・立ち仕事が辛い

・営業時間が長い

では具体的にどういったデメリットなのか、

ご説明していきましょう。

 

ガールズバーの仕事のデメリット1

●時給が安い

参照元URL:https://www.photo-ac.com/

他の水商売と比べると、

ダントツでガールズバーの時給は安いです。

 

ドリンクバックもキャバクラと比べて安いので、

「せっかく頑張ったのにあんまり稼げなかった…」

なんてこともあるでしょう。

 

 

ガールズバーの仕事のデメリット2

●立ち仕事が辛い

参照元URL:http://01.gatag.net/

キャバクラではお客さんの隣に座って接客をしますが、

ガールズバーの接客は基本的に立って行います。

 

なので、お客さんが長くいる場合は

足が疲れてしまう時も多々あるんです。

 

 

ガールズバーでの仕事のデメリット3

●営業時間が長い

参照元URL:https://www.photo-ac.com/

先ほども触れた通り、

ガールズバーは営業時間が長いのも特徴です。

 

金曜日や土曜日など、

お客さんが混む時にはついつい長引いてしまって

夜型の生活になりやすいのも

デメリットの一つと言えるでしょう。

 

 

 

ガールズバーのお店選びのコツって?

参照元URL:http://01.gatag.net

ガールズバーのお店選びのコツは稼げるかどうか、

初心者でも働けるようなお店かどうかに注意して

お店選びを行うことが重要です。

 

お店によっては高額な時給だけを売り文句に

募集をかけている場所もありますが、

そういったところでは過度な露出をさせられたり

合法とは言えない接客をさせられることも。

 

もちろん時給が高いのは嬉しいですが、

ガールズバーで働く際には

しっかりとしたお店を選ぶようにしましょうね。

 

『でも、どのお店が安全なのかわからない…。』

そんな女性のためは以下よりお水の学校にご相談くださいね。

 

▼バイト求人の詳細はこちら▼

 

様々な条件でお店を検索することできますし、

体験入店ができるお店だけを

ピックアップして選ぶこともできるので、

あなたに合ったお店を探してみてくださいね。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

ガールズバーの仕事内容についてご説明してきましたが

いかがでしたでしょうか?

 

しんどそうと思う方もいれば、

そうでない方もいると思います。

 

ガールズバーに限らず水商売のお仕事は、

お客さんにいかに楽しんでもらうかが重要となってくるので

常に愛想よく接客することを心がけてくださいね。