「営業メール」と言えば、ホステスをしていれば

必ず攻略しないといけないものですよね。

 

初めて席に着き、せっかく仲良くなったお客様でも

その後の営業メールの方法次第では

繋ぎとめることが出来れば、

逆に手放すことにもなってしまいます。

 

クラブのママでも、どのお店のナンバーワンでも、

この「営業メール」には

日頃一番重点を置いているんですよ!

 

今回はそんなホステスマスター必須の

「営業メール」について、

お客様から返信のくる確率がアップするかもしれない

おすすめ例文内容についてご説明していきます。

▼デイジーストア公式ページ▼

デイジーストア公式ページ→http://dazzystore.com

 

ホステスが営業メールを送る時に注意することは?

では、ホステスが営業メールを送る時に

注意する点は一体、どんなところにあるのでしょうか。

 

ホステスが営業メールを送る時には時間帯に注意!

出典元:http://o-dan.net/ja/

お店に来店するお客様は、

家庭を持っている人が多いですよね。

 

家庭がある方には

営業メールを送る時間帯に注意が必要です。

 

家で家族とゆっくりしているとき、

ホステスから引っ切り無しに連絡が来てしまっては

せっかくの家族団らん壊してしまいますし、

変な誤解も生みやすくなります。

 

ですので、原則は夜会社から帰宅するであろう

20時以降は連絡をしない

土日は連絡しないなどの配慮が必要になるでしょう。

 

初めて連絡先を聞いたときに、

連絡をしてはいけないタイミングを聞いて、

登録名の横にメモをしておくをわかりやすいですよ。

 

 

ホステスが営業メールを送る時には敬語の使い方に注意!

出典元:http://o-dan.net/ja/

クラブへ来るお客様は、

普段それなりの地位で

第一線で活躍している人が多いはずです。

 

社会的に地位のある方と言うのは

普段から上下関係言葉使いなどの礼儀

人一倍見ているものです

 

「親しき中にも礼儀あり」と言う言葉があるように、

ホステスがお酒の場で仲良くなったとしても

連絡する際はしっかり礼儀マナーのある言葉を選びましょう。

 

連絡を取り合う中で仲良くなり、

いつの間にか敬語を使わなくなったり

友達のような雰囲気になるというのは良いですが、

基本は敬語がマナーと言えますね。

 

 

ホステスが営業メールを送る時には同じ会話をしていないか注意!

出典元:http://o-dan.net/ja/

ホステスは日頃

たくさんのお客様と膨大な量の会話をします。

 

印象の薄いお客様だと、話した内容はもちろん

存在までも忘れてしまうことがありますよね。

 

ホステスにとってはたくさんいるお客様のうちの一人ですが、

お客様にとって話しているのはあなた一人です。

 

なので、話した内容は意外と覚えているもの。

 

営業メールで過去に話した内容を

何度も繰り返し聞いたり、

別のお客様のお話と間違えてしまったりなどは

失礼にあたりご法度と言えるでしょう!

 

日頃からお客様管理ノートなどをつくって

話した内容や来店日時などを記録しておくと非常に使えますよ。

 

 

 

絶対に返信がくるホステスの営業メールの例文!

ここからは『絶対に返事が来る営業メール』を

わかりやすく、例文でお伝えしていきます。

 

絶対に返信が来るホステスの営業メールの例文1

・「おはようございます!お仕事頑張りましょう!」

出典元:http://o-dan.net/ja/

朝早くに送る場合に限りますが、

送ってみると非常に返信が高い例文です。

 

しかしこの例文メールを

お昼や夕方に送ってしまっては価値がありません

 

朝の7時8時代の通勤時間帯に送ることで

「この子は早起きしていてしっかりしている」

「普通の水商売の子とは違うな」

好感を持ってもらえ、

移動の片手間で返信をもらえるのです。

 

この場合お客様から頂く返信は

「朝早いね」である場合が多いので、

そこから今日の予定を伺うなど話を広げていきましょう

 

 

絶対に返信が来るホステスの営業メールの例文2

・「会いたいです。」

出典元:http://o-dan.net/ja/

こちらの例文は最終手段と言えるのでしょうか?

 

「お店に来て」という言葉に、

色恋要素を含めた言い回しに換えるだけで、

非常に男性心をくすぐる例文になりますね。

 

前に色んな文章を組みまわせることなく、

この一言をいきなり送り付けるのが効果があります。

 

ホステスからでも、

こんな例文メールがいきなり届くと

相手もビックリしますし、嬉しいですよね。

 

ただし店外デートに誘われる可能性もありますので

その際の交わし方もしっかり考えたうえで送りましょう。

 

 

絶対に返信が来るホステスの営業メールの例文3

・「今晩、ご予定はございますか?」

出典元:http://o-dan.net/ja/

キャバクラへ来店するお客様と

クラブへ来店するお客様の違いは

予定を聞かれたらしっかり返信するというところに

ある気がします。

 

とくに「明日の予定」や「来週の予定」を聞くよりも

「今日・今晩」の質問への返信非常に高いでしょう。

 

「急を要する内容にはすぐ対応する」という

ビジネスマンの感覚なのでしょうか?

 

たいていは接待や、

体調不良で返ってくることが多いのですが

まれにそのまま向こうから同伴に誘ってくれるパターン

来店に繋がることもありますので、

こちらの例文はしっかり数をこなしていきましょうね

 

 

絶対に返信が来るホステスの営業メールの例文4

・「ゴルフを教えてほしいです。」

出典元:http://o-dan.net/ja/

なぜかクラブに来るお客様は生粋のゴルフ好きが多く、

週2,3回コースに行くなんて方もたくさんいます。

 

そして皆さん共通するのが

「教えたがり」だという事です。

 

いきなりコースに行かなくとも

打ちっぱなしでしたら出勤前にサクッと行けます。

(そのまま同伴してくれることも!)

 

ゴルフのお付き合いは

お客様との距離が非常に縮まりますので、

こちらの例文はおすすめですよ。

 

 

絶対に返信が来るホステスの営業メールの例文5

・「相談があります。」

出典元:http://o-dan.net/ja/

意外とお客様が気になる上記の例文。

 

不動産業界で働く方に

引っ越しの相談をすれば必ず相談に乗ってくるでしょうし、

確定申告の時期に税理士さんに送るのも一つの手。

 

お医者さんや医療関係で働く方には

体の不調を相談すれば相談に乗ってくれるでしょう!

 

また、「友達のバースデーで

良いお店を紹介してほしい」と言って、

そのままお客様と食事同伴に漕ぎつけるツワモノもいますよ。

 

男性は誰でも女性に頼られると嬉しいものなので

思う存分甘えてみましょう!

 

返信が頂けるのはもちろん

何か可能性が広がるかもしれませんよ。

 

ただし、お客様もお仕事で忙しいでしょうし

この例文を使うときは時期時間帯を選んでくださいね。

 

 

絶対に返信が来るホステスの営業メールの例文6

・「お誕生日おめでとうございます!」

出典元:http://o-dan.net/ja/

上記はお客様が誕生日の日にしか使えない例文ですが、

返信率は100%でしょう。

 

おめでとうと祝われて、

お礼を言わない人はいませんよね。

 

このタイミングで

「お祝いをさせて頂きたいです」

「女の子みんなでプレゼント用意しています」など

来店に繋げる流れが自然で良いでしょう

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

今回はそんなマスター必須の「営業メール」について、

お客様から返信のくる確率がアップするかもしれない

おすすめ例文内容について、説明してきました。

 

ホステスにとって営業メールは、

勤務時間中と同じくらい大切なお仕事です。

 

しっかり計画的戦略的にメールを送り、

お客様への来店獲得へ勤めてくださいね

 

また自分の可能性を信じて

心機一転、今いるお店を変えてみるのも

新たなお客様と出会うチャンスにもなりますよ!

 

そんな方におすすめなのが

ナイトワーク専門の求人サイトです!

 

▼バイト求人の詳細はこちら▼

ナイトワーク公式サイト→http://girlsbaito.jp/

 

上記のサイトに掲載しているお店では

未経験者の方でもスタッフが

優しく仕事を教えるところが多いです

終電上がりOK日払いOKなど

楽しく無理なく働ける環境でとても安心!

 

まずは、気になるお店を見つけて

体験入店から試してみてくださいね。