水商売の仕事に慣れてくると、指名も増えてきて

アフターや同伴に誘われることも多くなるでしょう。

 

しかし同伴やアフターはお店の営業時間外なので

プライベートの時間が削られてしまい

嫌なお客さんからのお誘いは

断りたい時もあるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、同伴やアフターのお誘いをされた時

上手く断るコツや、次に繋げる方法を紹介していきます!

▼デイジーストア公式ページ▼

デイジーストア公式ページ→http://dazzystore.com

 

アフターを断ることで次に繋げられるって本当?

参照元URL:https://www.pakutaso.com/

アフターや同伴を断ってしまうことで

そのお客さんが『今後お店に来てくれないかも…

他の人に指名を乗り換えてしまうかも…』という

不安になる人も、多いのではないでしょうか?

 

しかし、実際に「断り方」によっては

次の同伴やアフターに繋げることができるです!

 

なので“断ってはいけない”のではなく

時には断りながらも、長くお客さんでいてもらえるように

相手の気持ちを考えた断り方をするのが良いでしょう。

 

 

 

同伴やアフターを断る時に注意することは?

参照元URL:https://www.pakutaso.com/

同伴やアフターを断った時

「自分とは行きたくないんだな…」と

お客さんに思われないようにするには、

自然な流れで相手を納得させないといけませんよね。

 

ですので、やむを得ない理由を上手く伝えることができれば

お客さんも「残念だけど、仕方ないね。」というように

納得してくれるのではないでしょうか?

 

しかし、その場で考え込んだり、

すぐに嘘だと分かるような断り方では

お客さんを傷つけたり怒らせてしまうので要注意ですよ!

 

また、身内の不幸や家族の病気などの理由

盛り上がっていた雰囲気が一気に下がってしまうので

あまり使わない方がいいですね。

 

 

 

同伴の上手い断り方とは?

同伴をするためには、出勤前に時間を作る必要があるので

「早い時間には行くことができない理由」

設定しておくと良いでしょう。

 

また、同伴を断った場合でも

「今回は行けないけど、来週なら行ける日があるよ!」と繋げれば

お客さんも納得してくれますよね!

 

では具体的にどのような上手い断り方があるのか?

見ていきましょう。

 

同伴の断り方1:ライフスタイルを伝える

参照元URL:https://www.pakutaso.com/

普段、学校に通っている人

「学校がお店から遠いくて、

すぐ出勤しないと間に合わないんだ…」というように

自然な断り方ができますよ。

 

そして、お昼に仕事をしている人なら

「会社が終わるのが遅くて、急がないと間に合わないから…」と

説明することもできますね。

 

なので、普段お店での会話の中で

自分の生活スタイルについて話しておけば

お客さんも不信に思ったりせずに、納得してくれるでしょう。

 

 

同伴の断り方2:先約があることを理由にする

参照元URL:https://www.pakutaso.com/

他のお客さんとの先約を理由に断るのは

あまり継続できるものではないです。

 

その日は気が乗らなかったり、他の予定がある時に

使うことができそうですよね!

 

例えば、「その日は先約があるけど、

この日なら大丈夫だよ!」と言えば、

お客さんはがっかりすることなく

予定の提案にも喜んでくれて、次に繋げられるでしょう。

 

しかし、中には「先約は断れないの?」と

強引に誘うお客さんがいるかもしれません。

 

その時は「先輩のキャストにお願いされたから、

どうしても断れないんだ…」というように、

どうにもならない事情を伝えると良いでしょう。

 

 

同伴の断り方3:お店の事情を理由にする

参照元URL:https://www.pakutaso.com/

「今週は営業前にお店でミーティングがあるから同伴できない」

「週末のお店のイベントまで打ち合わせがあって出勤が早い」

というように、お店の事情だと分かれば、

お客さんも口出ししづらく、納得してくれるでしょう。

 

そして「来週はミーティングないから、大丈夫だよ!」と

次を意識した言葉を加えるだけ

自分が嫌だからごまかされたのかな?」と感じにくいですよ。

 

 

同伴の断り方4:不安を正直に伝える

参照元URL:https://www.pakutaso.com/

水商売を始めたばかりの人や

一度しかお店に来ていないお客さんなどから

同伴に誘われた時は不安に思う人も多いのではないでしょうか?

 

なので、そのような時は不安な気持ちを正直に

「まだ新人で不安だから、

もう少し慣れてから私から誘ってもいいですか?」

「もう一回〇〇さんとお話ししたいから、

次来てくれた時に日程決めたいです。」などと

伝えると良いですよ。

 

そして断った時にも不安がなくなった時はお誘いすると伝えれば

お客さんも次への期待を持ってくれるので

またお店に来てくれる可能性が高いといえるでしょう。

 

 

 

アフターの上手い断り方とは?

アフターはお店の営業が終わった時間に

接客していたお客さんと、そのまま外出します。

 

なので、断りづらい人が多いのではないでしょうか?

 

では、営業終了後にも納得してもらえるような

上手い断り方にはどのような理由があるのか、紹介していきます!

 

アフターの断り方1:実家から通っている事にする

参照元URL:https://www.pakutaso.com/

「実家に住んでいて、家族にはお店で働いていることを

内緒にしている」というような設定をすることで

お客さんもやむを得ないと思ってくれるでしょう。

 

そしてこの場合は「アフターはできなくて残念だけど、

今度同伴しましょう♪」というように

自分から誘うこともできますよ!

 

ですが、どうにもならず困っている断り方をしても

しつこく誘ってくるようなお客さん

女の子の気持ちを考えず下心があるお客さんかもしれないので

注意してくださいね。

 

 

アフターの断り方2:ペットを飼っていると伝える

参照元URL:https://www.pakutaso.com/

「ペットを飼っていて、餌をあげないといけない…」

というように、帰らないと大変なことになる理由なら

自然な会話の中で、上手く断ることができるでしょう!

 

そして時々は「今週は実家に預かってもらってるから大丈夫だよ♪」

「来月検診で入院しちゃうから、アフター行けるよ」と言えば

お客さんも喜んでくれるかもしれないですね。

 

このように、ペットを理由にする場合

対象のペットや飼い方について、知識がないと不自然なので

良く知っているものを選ぶと良いですよ!

 

 

アフターの断り方3:資格の勉強があることにする

参照元URL:https://www.pakutaso.com/

資格の取得を目指していて

試験が近いから勉強しないといけない」という理由で断れば

頑張る女の子を応援してくれるお客さんは

多いのではないでしょうか。

 

実際に、夜のお店に通ってくれる男性は

水商売をしながら、夢に向かって頑張る前向きな人

好きな人が多いそうなのです。

 

しかし、それでも「一日くらい良いじゃん!」と

強引に誘ってくるお客さんがいた場合は

「もうすぐ試験終わるので、

そうしたらお疲れ様の乾杯してください♪」

という前向きな断り方ができますよ!

 

 

アフターの断り方4:お店で禁止していることにする

参照元URL:https://www.pakutaso.com/

断ってもしつこくて、嫌なお客さんには

お店がアフターを禁止していることにして

お誘いを断っている人が多いようですよ。

 

そして、それでも「バレなきゃ大丈夫だよ」と

言ってきた場合には「家に着いたら確認の電話があるので…」と

説明して断ることもできます。

 

この断り方をする時には

そのお客さんをどうしても断りたい事情を

店長に相談しておいた方が良いですね。

 

そうすることで、お客さんが「本当なのか?」

お店に尋ねた場合でも「あの子はまだ慣れていないので…」

「新人なので…」など上手く説明してもらるので、

心強いでしょう!

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

いかがでしたでしょうか?

 

同伴やアフターの断り方や、次への繋げ方

お分かりいただけたかと思います。

 

お客さんのタイプもたくさんいるので

機嫌を損ねないように、しっかりと後のことも考えながら

断るのがコツですよ。

 

また、同伴やアフターがしつこいお客さんがいて

離れたいと思っている方は、

一層のこと、お店を移るのもありですよ!

 

そこで、あなたにぴったりな

ナイトワーク専用の求人サイトがあります。

 

▼バイト求人の詳細はこちら▼

 

上記のサイトでは様々なジャンルのお仕事が載っているので

自分に合ったお店探しをしてみてくださいね。