キャバドレスを購入するときは

デザインや見た目色合いなど、

見るべき点は大量に存在しています。

 

しかしながら、必ずしも

見なければいけない点のひとつが

その“サイズ”です。

 

当然のことながら、

サイズがあわなければ

ドレスを身に着けることができませんし

大きすぎても、ぶかぶかで

みっともないものになってしまいます。

 

店頭で購入する場合には

試着を行うことによって

サイズに関する知識を

そこまで知っていなくとも

直感的に購入することができるのですが、

通販で購入する場合はそうもいきません

 

実際、通販を利用する際は

サイズがどの程度なのか

手に取れないので、

そこが不安要素になってしまっている方も

いるのではないでしょうか。

 

そこでここでは、

通販でキャバドレスを購入する際

知っておくべきサイズ関連の知識

キャバドレスのサイズの選び方について

まとめていきます。

▼バイト求人の詳細はこちら▼

ナイトワーク公式サイト→http://girlsbaito.jp/

 

キャバドレスのサイズの見方は?

参照:https://www.pakutaso.com/

キャバドレスのサイズは、

通販で購入するドレスによって、

「S~L」サイズと

「号」サイズが使われています。

 

普段から気にしていないと、

『これらが何を意味するのかわからない』

という方もいらっしゃるでしょう。

 

これらは同じく、

ドレスの大体のサイズを示しているのです。

 

「S~L」表記のものは

「S」「M」「L」

3つの英数字でサイズを表しております。

 

「SS」か「XS」が最も小さく

「3L」もしくは「XXL」が

最も大きいサイズであることを示しています。

 

これらは身長、バスト、ヒップから導き出される

サイズを簡単に表すために用いられており、

多くの業者はこのサイズ表を採用していますよ。

 

実際、一般的な服屋などでも

サイズはこの「S~L」表記を

採用していることが多いでしょう。

 

そのため服屋で

商品を購入したことがある人であれば、

一度は見たことがあるのではないでしょうか。

 

「号」表記というのは、

おおよそ「5号~15号」で示されております。

 

S~L表記よりも

細かくサイズを計測できるのが特徴ですね。

 

ただ、こちらのサイズは前述した

「S~L」表記よりも一般的ではなく、

採用しているお店もそれほど数は多くありません。

 

もし困ったときは、

「号」表記をS~Lに変換することで

対処しましょう。

 

XSは5号と同義で、

そこからひとつサイズが

上がるごとに2号大きくなっていきます

 

具体的には「S」は7号、

「M」は9号といった具合ですね。

 

もし「号」表記でしか

サイズが表記されていない場合であっても、

上述した法則を頼りにしサイズを選択しましょう。

 

 

 

キャバドレス用のサイズの測り方は?

参照:https://www.pakutaso.com/

サイズに関する知識があっても、

自分に合ったものを購入するためには

自分のサイズを測らなければなりません。

 

しかしながら、定期的に

身体測定がある学生ならばともかく、

キャバ嬢として働こうとしているのであれば、

なかなか自分の身体測定を行うことはないと思います。

 

よって、キャバドレスを購入する前に、

今の自分の身体サイズについて

知っておく必要があるのです!

 

とはいっても、

決して専門的な道具は必要ありませんよ。

 

必要なのはメジャーだけです!

 

メジャー自体も、

極端に短いものでなければ

どんなものでも構いません。

 

長さも、2m前後あれば事足りるでしょう。

 

メジャーを購入したら、

早速身長とバスト、ウエスト、ヒップの

4種類のサイズを測りましょう!

 

ただし、ここで注意したい点がひとつあります。

 

それは「働くときの下着を身に着けて測る」という点です。

 

特にバスト周りは、人によって盛ったり

厚めのブラジャーをつけたりすることもありますよね。

 

そのため必ず働くときに

身に着ける予定の下着を身に着けて測りましょう。

 

まず身長の測り方ですが、

これはつま先から頭までのサイズを測ります。

 

つま先でメジャーの先端を踏んで押さえたら、

頭のちょうど頂点のあたりを摘まみ、

サイズを読み取ってください。

 

バストの測り方は、

胸の中央に0目盛りを置き、

直立しているときにバストが

最も膨らんでいる位置から

一周して計測すればOKですよ。

 

このとき、メジャー

並行になるようにしないと、

「ずれ」が起きることもあるので注意しましょう!

 

ウエストは腰回りで

一番くびれているところを測ってください。

 

ただ、腰回りは

あまりぴったりなサイズにすると

動き回るときに大変な思いをする可能性もあるので、

少し余裕をもって測りましょう

 

なお、ウエストに関しても

床と並行になるように測ってください。

 

ヒップは、最も高い場所を0目盛りにして測ります。

 

そこから水平に一周した

サイズがヒップのサイズ。

 

なお、タイトなデザインのドレスを

身に着ける予定の場合は、

実測値から多少大きめに

見積もったほうがいいでしょう。

 

というのも、座ったときなどに

実測値そのままに計測していると、

下着が浮き出てしまったり、

座った時に窮屈に感じてしまうことが多いからです。

 

もちろん、あえてキツくすることで

セクシー感を演出するのも

重要な手段のひとつといえるでしょう。

 

以上が、自分のサイズを計測する方法です。

 

もし一人で行うのが不安なようならば、

服屋の店員に手伝ってもらったり、

パートナーに手伝ってもらうといいでしょう。

 

 

 

キャバドレスのサイズの選び方は?

自分のサイズを測り終えたら、

次はキャバドレスのサイズを選ばなければなりません

 

前述したように、

キャバドレスのサイズは

S~L表記で表記されることが多いでしょう。

 

これらのサイズには、

バスト・ウエスト・ヒップそれぞれに、

合うサイズが設定されているのです。

 

具体的には、「XS」が

それぞれ78、56、84、

「S」が82、60、88というように、

サイズがひとつ上がるにつれて

それぞれ4cmずつぴったりなサイズが増えていきます。

 

なお、「号」であれば、

サイズがあがるごとに

2cmずつ上がっていくのが法則です。

 

ただ、このサイズの

組み合わせ通りの体を持っているという人は

ほとんどいないでしょう。

 

バストが82でも、

ヒップが65前後という方もいるはず。

 

では、そういった方は

どのような方法でサイズを決めればいいのでしょうか?

 

以下では、実際にサイズを測った後、

どのようにしてサイズを決めればよいのか、

という点について紹介していきましょう。

 

キャバドレスのベストサイズの選び方その1:1サイズダウン

最も一般的なサイズの購入方法です。

 

最も大きなサイズのものから、

1サイズダウンしたキャバドレスを選ぶという

選択方法になります。

 

例えば、前述したサイズのように、

バスト82、ウエスト62、ヒップ66という

サイズの女性がいたとしましょう。

 

通常の法則に従ってサイズを選択すれば、

この女性はヒップの66という

数値が最も大きいサイズになるので、

「M」サイズ、ないしは

「9号」表記のものを選択することになります。

 

しかし、そこであえて

「7号」もしくは「S」サイズのものを選択するのです。

 

なぜこんなことをするのかといえば、

ボディラインしっかりと目立たせるため

 

キャバドレスのすべてが

そういうわけではありませんが、

多くのドレスは

女性の魅力を引き立たせるため

ボディのラインを浮き立たせるような

構造になっています。

 

ただ、余裕を持ったサイズにしてしまうと、

せっかくの工夫が

いまいち目立たないようになってしまうのです。

 

ですから、あえて

ワンサイズ落としたドレスを購入することで、

ドレスが目立たせようとしている

ボディラインを強調し、

魅力的なドレスライン

引き立たせることができるわけですね!

 

ただし、注意してほしいのが

通販ショップが気を利かせすぎてしまい、

あらかじめ

ワンサイズ落とした

サイズ表記にしていることもある

という点です。

 

購入してみて

実際に着てみなければわかりませんが

そのドレスのレビューのコメント

購入した人の意見を参考にするのもアリですね!

 

また、ドレスの素材にも気を付けましょう。

 

伸縮性のある素材ならば

前述したワンサイズダウンした

選び方であっても問題ありません。

 

ですが、伸縮性全くない

素材のものを選んでしまうと、

ドレスが入らないという

最悪の状況になってしまうこともあるので

注意しましょう。

 

 

キャバドレスのベストサイズの選び方その2:ドレスの丈を見る

特にミニサイズのドレスを選ぶ場合、

ドレスの丈には十分に気を付けなければなりません

 

というのも、ドレスの丈が短すぎると、

下着が見えてしまいかねないからです。

 

ロングドレスであれば、

極端に不格好になったりしませんが、

ミニドレスの丈を間違えると、

せっかく購入したドレスが

身に着けられないという事態にもなってしまいます

 

ドレスを購入するときは、

サイズと同様に、

併記してある丈についても参考にしましょう

 

 

キャバドレスのベストサイズの選び方その3:ウエストは少し余裕をもって選択する

参照元:https://www.photo-ac.com/

キャバ嬢は、言うまでもなく

お酒や食事を摂取します。

 

その際には、どんなキャバ嬢でも

胃がある程度膨らむもの

 

そんなとき、ギリギリの

ウエストのサイズを計測してしまうと、

胃が強くしめつけられてしまう可能性があります。

 

ウエスト周りを緩められる

デザインのものならばまだしも、

タイトなデザインのものは、

業務に支障が出ることもあるでしょう。

 

よって、ウエストは

ある程度余裕をもって測ってくださいね。

 

おおよそ3cm前後の余裕をもって計測すると、

お腹が膨れたときも余裕が出るので、

参考にしましょう!

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

以上、キャバドレスを選ぶ際には欠かせない、

サイズの選び方についてまとめました。

 

通販においてはなによりも

ネックになりがちだったサイズ。

 

ですが、前述したように

法則さえ知っておけば

通常の店頭で見るのと同じように

選ぶことができます

 

ただし、

数あるキャバドレス通販店の中には

キャバドレスのサイズを決めるのに

重要な情報が書いてないこともあります。

 

そんなときに頼りになるような

おすすめの通販サイトがありますよ。

 

それは、大手通販サイトの

「dazzystore」です!

 

▼デイジーストア公式ページ▼

デイジーストア公式ページ→http://dazzystore.com

 

このデイジーストアでは

キャバ嬢がよく利用している通販ショップ。

 

デイジーストアのイメージモデルも、

トップキャバ嬢や、元キャバ嬢が着こなしていますよ。

 

そのため着用イメージがつきやすく、

当然のことながら、

キャバドレスの情報も詳細に記しているため、

『必要な情報がない!』という事態もありません。

 

さらにキャバドレスだけではなく、

アクセサリーやバッグなど、

キャバ嬢には必須といえる

アイテムも販売しているんです!

 

ぜひ気になった方は

dazzystoreを利用してみてくださいね♪