キャバドレスの選び方を考えるとき、

多くの人はぱっと見たときのデザイン印象

買うか買わないかを決めると思います。

 

単なるおしゃれであれば

それでいいかもしれませんが、

キャバドレスは、

キャバ嬢にとっていわば仕事着ですよね。

 

仕事着の質が低ければ、

それだけで仕事において

ハンデを背負うことになってしまいます。

 

逆にいえば、

良いキャバドレスを選ぶことができれば、

それだけ指名の数で有利に立つこともできるのです。

 

こと、選び方の中でも

意外と軽視されがちな要素が

「色」ということでしょう!

 

キャバドレスの色

お客様に与える心理的な要素は

一般的に思われているよりもずっと大きく、

場合によっては色合いのせいで

指名が減ってしまうこともあります。

 

そこでここでは、キャバドレスを選ぶ際に

大変重要な点となる「色」という観点から

どのような選び方をすればいいのか、

ということをまとめていきましょう。

▼バイト求人の詳細はこちら▼

 

キャバドレスの色について

参照: https://www.pakutaso.com/

色というものは、

細かくわけると大変多くの数が存在しています。

 

ただ、無数にある色を大きくわけると、

暖色寒色にわけることが可能ですよ。

 

「暖色」は文字通り暖かい印象を与える色で、

赤色系の色はいわゆる暖色と呼ばれます。

 

一方、「寒色」は寒そうな印象を与える色で、

青色系の色合いが寒色に分類されます。

 

加えて、色は「原色」「淡色」に分けられますね。

 

原色とは「赤」「緑」「青」のことをいい、

これらの色合いが濃ければ濃いほど、

「原色に近い色」という表現をします。

 

例えば、濃い紫色は

赤と青が混ぜ合わさった色ですし、

黒はすべての原色を混ぜ合わせた色。

 

一方で淡色

原色の割合が少ない色のことをいいます。

 

一切の原色を使わない、

究極の淡色が白だといえます。

 

色は他にも細かく分けると

いろいろな区分がありますが、

第一印象をうまくコントールする

という観点においては、

上述した色の分け方を考えておけば十分ですよ。

 

以下では、暖色・寒色、原色・淡色の区別を

前提にしたうえで、

キャバドレスにぴったりな色はどんなもなのか、

まとめていきましょう。

 

 

 

キャバドレスの色はどんなものを選べばいい?

結論からいいますと、

キャバドレスの色合いは

「自分にあったもの」を身に着けるのがベストですね。

 

とはいっても、

自分に合った色というものは

なかなかわからないもの。

 

また、第三者目線から見たものとなると

より理解しがたいものでしょう。

 

そこで以下では、

自分に合った色の探し方を

紹介していきましょう。

 

キャバドレスの色は肌の色で選ぼう!

参照: https://www.pakutaso.com/

人によって、

肌の色は細かく異なってきますよね。

 

人種的な違いはもちろん、

どの程度日焼けしているのかなど、

細かい違いはあると思いますが、

キャバドレスを選ぶうえで重要なのは

肌がどの程度黒に近いのかという点です。

 

肌が黒に近ければ近いほど

「濃い」肌の色といえますし、

逆に、白に近ければ近いほど、

それは「薄い」肌の色といえるでしょう。

 

一般的にいって濃い肌の色の方は

濃い色のキャバドレス、

つまり原色に近いキャバドレスを

身に着けることをおすすめしますよ。

 

というのも、肌色の濃い方が

薄い色のキャバドレスを身に着けると、

肌色の部分が浮いているように感じられてしまうから。

 

逆もまた然りで、

肌色のが薄いという方は、

淡色のキャバドレスを選ぶといいでしょう。

 

 

キャバドレスの色は体型で選ぼう!

参照: https://www.pakutaso.com/

ファッション業界では

ある程度多くの人に知れ渡っていることですが、

色合いには太って見える色と、

痩せて見える色合いがあります。

 

よって、自分の体型が

平均よりも太っていると思っている方は、

痩せて見える色である寒色を、

平均よりも痩せているという人は、

太く見える暖色系の色合いを

メインに身に着けるといいでしょう。

 

女性からすると、

できる限り細く魅せたい願望”があるかもしれません。

 

通常よりも痩せている人が

寒色系のドレスを身に着けてしまうと、

痩せすぎて見えてしまいます。

 

また“痩せすぎて見える”という

響きに憧れを持つ方もいるかもしれませんね。

 

しかしながら、

キャバクラで「痩せすぎて見える」ということは

あまりいいことではないのです。

 

痩せすぎた肢体は

どこか薄幸そうに見えてしまいますし、

暗い境遇を邪推する人もいます。

 

そして、キャバクラにやってくる男性は

「女性を助ける」という認識の方よりも、

「自分が楽しむ」と考えているほうが圧倒的に多いのです。

 

つまり、どこか暗い雰囲気をまとっている女性に、

男性のお客さんはあまり寄り付きません。

 

よって、体が細い女性は、

寒色系のキャバドレスよりも、

体を膨らまして見せてくれる

暖色系キャバドレス

身に着けたほうがいいのです。

 

 

 

キャバドレスの色を選ぶときの注意点は?

キャバドレスの色を選ぶ際、

最も重要なのは本人に

マッチしているかどうかという点です。

 

ただ、それだけを考えていてはいけません。

 

キャバクラで働くということは、

つまり普段と違う環境で、

普段、違う人々と関わることだからです。

 

よって、自分に似合うかどうかだけではなく、

周囲の環境に関しても気を配らなければならないでしょう。

 

以下では、キャバドレスの色を

選ぶ際の注意点について、

周囲に観点を置いて、まとめていきましょう。

 

キャバドレスの色はお店の雰囲気で選ぼう!

参照: https://www.pakutaso.com/

キャバクラで働いていると、

あたかも周囲は敵で

同僚は競争相手と考えてしまうかもしれません。

 

その考え方は一方では

間違っていないのですが、

キャバクラはあくまでもひとつの

共同体であるということを忘れてはいけません。

 

つまり、キャバクラで働くということは、

同僚たちとチームプレイをすることでもあるのです。

 

そんなチームプレイの一端が

キャバドレスの色に関すること。

 

例えば、高級店などでは

お店の雰囲気を重視するために

服の色を黒や赤など、

高級感のある色合いに統一しているお店もあります。

 

また、逆にお客様に対して

威圧感を与えないように、

キャバドレスの色に

黒を禁止しているお店もあるのです。

 

上述したように

お店側で色に指定がかかっているのならば

それに従えばよいのですが、

全く色に指定がないのであれば、

お店の空気を読んで色を考えなければなりません

 

お店のテーマカラー

呼べるものがあるのなら

その色のキャバドレスが最適!

 

ですが、そうではないのであれば、

色が人に与える印象を考えた上で、

キャバドレスの色合いを選ぶといいでしょう。

 

具体的に考える必要があるのは、

他人が、その色で

“どの程度高級感を感じるか”という点ですね。

 

例えば、前述した赤や黒といった強い色は、

どこか高級感を与えます。

 

一方、ベージュをはじめとした淡い色は、

親しみやすい雰囲気を与えがちです。

 

よって、

自分の勤めているお店

どのような雰囲気を求めているのか、

お客様がお店に

どんなものを求めているのか、といった点を考えて

服の色を選びましょう。

 

 

キャバドレスの色は同僚のキャバドレスを見て選ぼう!

参照: https://girlydrop.com/

キャバクラにおいて、

第一印象重要性は言うべくもありません。

 

そして、第一印象のうち、

「ほぼ半分が見た目で左右される」

ということがわかっています。

 

この「見た目」がどこを指すのかは

人によって異なりますが、

キャバドレスの色と形

目に入ってくるという人も多いようです。

 

つまり、他のキャバ嬢と

キャバドレスの色が被ってしまうと、

それだけで似たような

第一印象を与えるということになりかねません!

 

「〇〇ちゃんと似た色の人」という

印象のままお客様に帰られてしまっては、

次の来店のとき指名を得ることは難しいでしょう。

 

よって、キャバドレスの色を選ぶときは、

あらかじめお店にいるキャバ嬢の

キャバドレスの色をある程度知っておき、

被らない色にすることが大切なのです。

 

特に、同じ時間に出勤する同僚のドレスの色は、

さりげなくチェックしておくといいでしょう。

 

 

キャバドレスの色はお客さんの好みで選ぼう!

参照: https://www.pakutaso.com/

キャバクラにおいて最も大切なことは、

お客さんに気に入られるということです。

 

少なくともお客さんに

良い印象を持ってもらわなければ、

指名をしてもらうことができませんし、

ひいきにしてもらうこともできないでしょう。

 

よって、お客さんに気に入られるため、

お客さんの好きな色ドレスを着ることは、

ひとつの営業法といえるでしょう。

 

特にたくさんお金を使ってくれる

太客の方には、

好きな色のドレスを把握して購入おきましょう!

 

そのお客さんの来店にあわせて

その色のドレスを選ぶというのは

有効な営業手段です。

 

ただ、ひとりひとりのお客様にあわせて

ドレスを購入するのは、

金銭的にも、時間的にも

あまり有効な手だてだとはいえません。

 

もし特定のひいきにされているお客様が

いないというのであれば、

多くの男性が好感を持ちやすい色にしましょう。

 

それはずばり、ですね!

 

白い色というのは

清楚で裏表がないという印象があり、

そのため、多くの男性に愛されています

 

もちろん、キャバ嬢の全員が

白い服を着ていたら、

全く別の印象を持たれてしまうので、

前述したようなことを意識したうえで、

色を選びましょう。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

以上、キャバドレスの色の選び方についてまとめました。

 

キャバドレスのは、

第一印象が重要なキャバクラにおいて

とても重要な要素。

 

色合いを無視して

キャバドレスを選ぶことはできないでしょう。

 

もちろん色だけで

キャバドレスを選ぶこともできませんが、

色はぜひ重要視しておくべき要素なのです!

 

しかしながら、いざドレスを探そうとしても、

なかなか思ったような色が置いていなかったり、

デザインはいいけれど色が合わない

ということが多々あると思います。

 

そんなときに活躍するのが

「dazzystore」です。

 

▼デイジーストア公式ページ▼

キャバドレス通販はdazzystore

デイジーストア公式ページ→http://dazzystore.com

 

このデイジーストアのネットショップでは

キャバ嬢がよく利用しているお店!

 

そのため、キャバ嬢に必要なアイテム多数揃っていますよ

 

デザインや色合いといったものも

キャバ嬢にぴったりなもので、

お店の雰囲気にあったものが見つかるはず。

 

しかも、デイジーストアの

イメージモデルの多くは

現役、あるいは元トップキャバ嬢であるため

非常にコーディネートの参考にしやすいのも特徴ですね。

 

もちろんカラーのも

幅広いラインナップで用意されているため、

自分の好みに応じていろいろな商品を探すことができますよ。

 

ぜひdazzystoreで、

理想の商品を探してみてくださいね!