キャバクラで働くとお昼働いているときとは

比べ物にならないほどの高額なお給料をもらうことが出来ます。

 

自分が頑張った分だけ、どんどんもらえる金額上がるの

お仕事への一つのモチベーションにもなりますよね。

 

そんなキャバクラのお給料事情ですが

実はお店のシステムによって

給料形態全く違うのです。

 

女の子一人ひとりの契約で異なる場合もありますし

給料システムについては面接の前に事前にしっかり

予習しておくことをおすすめします。

 

そこで今回はキャバクラの給料のシステム

キャバ嬢たちの平均年収最高月収最低月収について

詳しく説明していきたいと思います。

 

是非参考にしてみてくださいね。

▼デイジーストア公式ページ▼

デイジーストア公式ページ→http://dazzystore.com

 

キャバクラの給料システムは?

参照元:http://o-dan.net/

キャバクラでの

基本的な給料構成がこちらになります。

 

「時給+バック(指名・売上)」

ー「雑費(ヘアメイク代・名刺代など)+送迎代」

ー「源泉徴収」=手取り

 

上記の「時給+バック」の部分が

あなたの成績としてお給料反映される部分ですが、

そのシステムは少し複雑です。

 

上記のうち「時給」については

おおまかに「時給スライド式」「売上バック式」「固定時給式」

3つの分類に分けられます。

 

お店によって、どのシステムを採用しているが違いますので

キャバクラの面接の際に確認することが重要ですよ。

 

では、キャバクラで時給を決定する際の

3つの分類とはどんなシステムなのでしょうか?

 

 

キャバクラの給料システム1:時給スライド式

時給スライド制とは

本指名(お客さんがあなた指名で来店した)」

場内指名(席についてはじめて指名をもらう)」

同伴」の本数をポイント換算し、

その合計で「時給」が階段のように変動するシステムです。

 

少々難しいですが下記のようになります。

・0~20本 3000円

21~40本 3500円

・41~60本 4000円

・61~80本 4500円・・・

上記のシステムだと指名を取るキャバ嬢

同伴をバンバンするキャバ嬢は必然的にポイントが増え、

時給も上がると同時にバック(インセンティブ)ももらえて

どんどん給料があがると言えるでしょう。

 

ちなみにポイントは

本指名=1P、場内指名=0.5P、同伴=3P、など

お店によっての決まりがあります。

 

以上のように「時給システム」

頑張る子は稼げ、頑張らない子は最低時給しかもらえないと

格差がはっきりするシステムと言えますね。

 

 

キャバクラの給料システム2:売上バック式

こちらは「本指名の売上」によって

キャバクラのお給料が変動します。

 

この時の「売上」は「本指名」「同伴」

来店したお客様のみ換算されます。

 

なので「場内指名」換算されません

 

また「本指名」が2人以上いた場合は

その人数で売上を割ることになります。

 

ここから自分が売り上げた金額の

数パーセントをバックとしてもらうというシステムです。

 

イメージは下記のような感じになりますね。

月100万売上×10%=10万

月400万売上×30%=120万

こちらのシステムの場合は

「固定時給+売上バック」組み合わせ多いですが

有名キャバ嬢さん達は固定給なしの売り上げのみのお給料で

高額バックをもらう人もいます。

 

 

キャバクラの給料システム3:固定時給式

こちらの固定時給式は、成績によって

時給が変動しないシステムです。

 

大半は面接時に決められた時給が

変動することなく

もらえるということになります。

 

また、このシステムは

新人さんがお店になれるまでの数カ月間

成績を考慮しないい「保証期間」に使われる場合や

その月の成績によって、次の月の保証時給

固定で決められる場合など

お店によって形態が変わるようです。

 

 

 

 キャバクラの給料のバック(インセンティブ)とは?

参照元:http://o-dan.net/

あなたの成績に関わる「時給+バック」の部分の

「バック(インセンティブ)」について

説明していきたいと思います。

 

バックについては、お店によって時給のシステム以上

多種多様の形態がとられています。

 

ですが、どのお店も

「同伴」した場合や「指名」のお客さんを呼んだ時など

お店の為貢献してくれた場合に支払われるものになります。

 

では「バック(インセンティブ)」は

どんな種類があるのでしょうか?

 

キャバクラの給料のバック:指名

「本指名」とはお客さんが

最初からその子を目的に来店したという事。

 

「場内指名」はフリーで来店したお客さんが

店内であなたを気に入った場合にする指名です。

 

どちらも1本につきバックが発生する場合があります。

相場としては本指名は2000円前後

場内指名は1000円前後の場合が多いでしょう。

 

また高級クラブや設定金額の高いキャバクラでは

更に高いバック金額がある可能性もありますよ。

 

 

キャバクラの給料のバック:同伴

お客さんと食事をして

そのままお店に入る「同伴」

 

開店直後の早い時間帯に

お客さんを連れてきてくれるということで

指名バックよりも高額の「同伴バック」が入ります。

 

相場は4000円から5000円が多いのではないでしょうか。

 

 

キャバクラの給料のバック:ボトル・ドリンク

「本指名」の席で、キープボトルやシャンパン、ワインなどの

ボトル類が注文された場合は

「本指名」のキャバ嬢さんにバックが入ります。

 

こちらはボトル料金数パーセントが相場でしょう。

 

ま、たキャバ嬢が席でドリンクをもらった場合

1杯につき500円前後のドリンクバックが入るお店もありますよ。

 

 

 

キャバクラの給料の平均年収は?

参照元:http://o-dan.net/

上記のキャバクラ給料システムを参考にすると

ごく平均的に出勤し、ごく平均的な売上・指名をもらっていると

キャバクラの平均月収は

月30万円~40万円ほどが月収となるでしょう。

 

昼の仕事を兼業するダブルワークキャバ嬢でも

29万円を超えている場合が多いそうで

大体35万前後なのではないでしょうか?

 

よって単純計算でも、キャバクラの平均年収

420~600万前後になるでしょう。

 

20代後半男子の年収平均が339万円なので

キャバクラの給料がどれだけ高いかわかりますよね!

 

 

 

キャバクラの給料の最高月収は?

参照元:http://o-dan.net/j

キャバクラの最高月収は

「門りょう」さんではないでしょうか。

 

以前BSスカパーの番組で

平均月収「高級外車1台買えるくらい」

言っていましたが、その後関係者が最高月収が3000万だったと

告白しているのです。

 

都心を離れたところだと

1ヶ月で家を買えちゃいますね。

 

また「愛沢えみり」さんも

バースデーイベント月のお給料が

2000万後半だった

過去に出演したテレビ番組で告白していますよ。

 

〈関連記事〉

 

 

 

キャバクラの給料の最低月収は?

参照元:http://o-dan.net/

キャバクラの最低月収については

地域の相場キャバ嬢の働く日数にもよりますが、

最低時給は都心の場合2,000円前後かと言われています。

 

キャバ嬢はダブルワークの場合でも

週3は出勤するなどの決まりがあるため、

それを踏まえ単純計算をすると

2000円×5時間勤務(20時から25時)

×月12日出勤(週3出勤×4週間)

=120000

 

最低月収は120000円となりますね!

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

さて、今回はキャバクラ給料システム

キャバ嬢たちの平均年収最高月収最低月収について

説明してきました。

 

キャバ嬢は思っていたよりも

体力勝負精神的にも維持根性のいるお仕事です。

 

それに見合ったお給料をもらえるよう

給料交渉の際の参考になれば嬉しいです!

 

いきなりですが、

以下のナイトワーク専門の求人サイトでは

高額時給交渉可能

夜のお店情報たくさん掲載されていますよ。

 

▼バイト求人の詳細はこちら▼

 

ナイトワークは初めてだから不安」なんて方も

安心してください!

 

皆さん始めは初心者ですし、「水商売未経験ブランド」

自分の想像以上に価値があります。

 

是非気軽な気持ちで面接や体験入店をしてみてくださいね。

新しい自分の魅力が引き出せちゃうかもしれませんよ。

 

あなたに合った、ピッタリなお店を見つけて

楽しく働きながら収入を倍増させていってくださいね!